1. まとめトップ
  2. ガールズ

美容成分たっぷり!1日1コ「卵」を食べて、憧れのタマゴ肌♪

「卵」は女性に嬉しい美容効果がいっぱい!

更新日: 2013年04月28日

662 お気に入り 123018 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

chiimmiiさん

キレイのために食べたい「卵」

毎日1個の卵を食べると、一週間後ツルツルなめらかタマゴ肌に

「キレイになりたければ、毎日1個の卵は基本」と、モデル科の授業でも指導している。

美肌作りに欠かせない「アミノ酸」が豊富

アミノ酸をバランスよく含むイチオシ食品が“ 卵 ”

必須アミノ酸をバランスよく含んでいるので、効率よく体に吸収される。

アミノ酸がお肌のみずみずしさと張りを作るコラーゲンの素になる

「卵」は女性に嬉しい美容成分がたっぷり♪

卵は理想的なアンチエイジング食品

女優・森光子さんは、卵を1日かならず3~4個、多いときには7個も食べることもあったとか。

ビタミンA、B、D、Eやカルシウム、鉄分、などのミネラルも豊富

卵に含まれるビューティ成分で特にビタミンAが豊富

ビタミンAは皮膚や粘膜を作る栄養素で、これが不足するとカサカサ肌の原因に。
強力な抗酸化作用もあるので、つやのあるお肌作りには欠かせません。

ビタミンAは油と一緒に摂ることで吸収がよくなりますので、炒め物でも良いですし、茹で卵をサラダにちらし、良質なオリーブオイルとなどと一緒にいただくのもオススメ。

美肌効果を高める「卵」の食べ方

夕食に卵を食べて、睡眠時間をたっぷりとる

キレイになりたい場合は、朝に食べるよりも、夜に食べるほうが効果的!

加熱すると美肌ビタミン、ビオチンが吸収されやすくなる

生の卵白にはビオチンの吸収を悪くする成分が含まれまるので、火を通すのがポイント!

ビタミンCや食物繊維と一緒にとると、更にいい

ビタミンCと食物繊維を含む野菜を組みあわせれば、キレイを作るためにはパーフェクト!

「卵」とコレステロールの誤解

卵を1日5個食べても血中のコレステロール値に大きな変化は起ない

ただし、卵に限らず何でも、食べ過ぎ、摂り過ぎはNG!バランスよく取り入れることが大事です。

健康な人が1日に1~2個の卵を食べることは基準の範囲内

アレルギーの方や、コレステロールが血中に反応しやすい体質の方は要注意!

1