1. まとめトップ

エコドライブでガソリン代を節約する方法

携帯電話代金と同じくらい家計を圧迫するガソリン代…。何とかして少しでも安くする方法がないか調べてみました。

更新日: 2013年05月01日

9 お気に入り 5676 view
お気に入り追加

発進時のコツ

自動車がたくさんのガソリンを消費するのは、加速する時です。特に停車状態から走行したいスピードまで上げていくような時は、エンジンのパワーが必要ですので多くのガソリンを消費します。

車が最も燃料を消費するのは発進時という事を覚えておきましょう。これはかなり重要です。市街地などで発進や停止を繰り返すような、俗にいう『 街乗り 』では非常に燃費が悪化し、車のカタログに乗っている燃費のスペックよりも大幅に燃費は下回ってしまいます。

最もガソリンを使うのが、このスタートする発進時なのです。
ブレーキを離してすぐアクセルを踏み込むのは絶対にやめましょう。
まずは一呼吸おいてから、徐々にアクセルを踏み込むようにしましょう。
無駄な加速は避けるようにしましょう。

走行時のコツ

よくCMなどでリッター24kmを実現!などと宣伝していますが、これは『 60km定地走行 』いわゆる『 遠出のドライブ 』時のものです。

走行時はできるだけ、アクセルの踏み加減の幅を少なくすることです。
ふみ加減を一定にキープしましょう。

長い坂道などを下るときや、減速するときは早めにアクセルから足をはなしましょう。
エンジンブレーキを使うことが重要になります。

ともかく少しでもスピードが乗っているだけで発進時の燃費は飛躍的に上昇することを覚えておきましょう。

停止時のコツ

信号待ちなどの停止時にも燃料を使っていることを意識したい。「30秒間エンジンをかけっぱなしにするだけで一円玉が2個くらい転がり落ちる」。

メンテナンスも大事

車のエンジンオイルも汚れていると危険ですし、燃費が低下します。

ガソリンカードを使って少しでも安くガソリンを入れる

ガソリンの購入の仕方も工夫の余地がある。いわゆるガソリンカードの使い方だ。石油元売り各社がクレジットカード会社などと提携して発行するカードを系列のガソリンスタンドで使えば、ガソリン代を抑えることができる。カード請求時に値引き・現金還元される仕組みだ。

ガソリンは満タンにしない

車は重ければ重いほど燃費が悪くなります。ガソリンの量を必要最小限に抑えて走行するようにしましょう。

一時期流行した燃費向上グッズは役に立たない

ホームセンターなどでよく『 ガソリンタンクに入れるだけで燃費向上! 』なんていう怪しいグッズが売っていますよね。私自身もかなり使った事があるのですが、個人の感想としてはほとんど効果がありませんでした。

1





この世の天使さん

まとめ初心者ですが、みなさんにお役に立つ情報を提供していきたいと思います!