1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

この記事は私がまとめました

tamayojpさん

花本実果は、占いと恋のマニュアルが大好きな17歳。ずうっと彼氏がほしいと思っていたら、目の前に理想の男の子が。チャンスはのがさないと心に決めた実果だが…。

出典ameblo.jp

食べ物、テレビ、漫画が大好きだが、姉・実果を異常なほど溺愛する。性格は乱暴で言葉遣いも悪いが、傷つきやすい面も持つ。

「どっちの道を選んだら後悔しないか」を考えて生きるより、「どっちの道を選んだとしても、自分が選んだ道で後悔しない生き方をする」ことの方が大切なんだby花本種

@micaco17 9巻の途中まで読んだんですけど種がかわいすぎて本筋に集中できないっていうかもう種が主役でいいと思います 恋愛カタログ

小学6年生で人気アイドルの紗南。明るい紗南の目下の悩みは、クラスのこと。羽山というヤツが男子の中心になって、若い先生をいじめるおかげで、全然授業にならない。怒り爆発の紗南は!?

劇団こまわり所属のタレント。最初は主にバラエティ番組を中心に活動していたが、抜群の演技力を買われ、後に女優としても活躍する。実は捨て子、実紗子を実の母親のように慕っている。名前の由来は拾われた日から。羽山とは当初いがみ合っていた。天真爛漫でお調子者な反面、根は繊細。終盤には精神的病気(人形病)に罹る。

「私はきっと 本当は… 皆に思われてるほど強くはないだけど 頑張らないわけにはいかない…!!」倉田紗南(こどものおもちゃ・小花美穂)

こどものおもちゃの紗南ちゃんすきすぎる紗南ちゃんめざす

有須川せあらは、小学6年生でありながら、身長160cm以上の長身で、しかも高校生に見られるくらい大人びた容姿をしている。こんな風になったのも、憧れの瀬戸柊平に少しでも追いつきたい、という執念からだった。そしてある日、ひょんな事から瀬戸家にまんまと転がり込む事に成功したのだが……。

162cm以上の長身美少女。初登場時は小学6年生。小学2年の時に柊平に恋して以来、彼の為に約40cmも背を伸ばして自分を磨いてきた。料理が得意。「目には目を歯には歯を」な思考家で、恋愛至上主義者。父親のアメリカ転勤に乗じて、父の部下の瀬戸家へ居候する。作中中学に進学する。子供扱いされる事が一番嫌いであり、そうされるとキレて大泣きする。

小学生の頃、ベイビィ★LOVEのせあらちゃんにあこがれて牛乳を1日1リットル飲んでたのが懐かしい( ´ ▽ ` )身長伸びんかったけど(笑)

互いの両親の“入れ替わり結婚”のため同居する事になった光希と遊。意地悪だが、時に優しい遊に光希は次第にひかれて…。そんなある日、遊の昔の彼女・亜梨実が現れ「今でも遊が好き」と告げるが??。

光希の親友で、クラスメイト。文芸部所属。絶世の美人なお嬢様でミステリアスな性格、口調も丁寧で人当たりも良いが、実際はかなり気が強くて勝ち気。文学少女で、初めて書いた小説で賞を取っている。好きな作家はジョン・アップダイク。

ママレード・ボーイ は茗子となっちんの物語である(断言

ママレード・ボーイ再々々燃って感じ!!!!!遊はともかく、茗子が美人すぎ、大人びすぎ(T_T)♡ pic.twitter.com/eeYV8Sb7bW

ふたごの姉弟・南野まりあとのえるは大の仲良し。初恋の人を追いかけて全寮制の森ノ宮学園へ転入してしまったまりあを取り戻すため、のえるは女装までして姉を追いかけ森ノ宮学園にのりこむのだが…!?

広部コーチに片想いしたのと、シスコンなのえると距離を置くためもあって森ノ宮学園に転校した。非常に惚れっぽいため、いくつか失恋を経験することになる。ミーハーで泣き虫。女子バスケ部所属。

ちょっと懐かしくなってミントな僕ら読み返してみたけどいつ読んでもまりあがかわいくてかわいくて佐々がかっこよすぎてたまらぬ。

ともみとみかげは、すべてが正反対のふたごの姉妹。その2人が力を合わせると、超能力が生まれるんだって。でも、これは2人だけのヒミツなの。

優しくしっかり者でおっとりとした性格。料理上手だが、スポーツも出来、周囲から注目を集め易いが、部活には所属しておらず、助っ人として参加している。反面、勉強は少々苦手な方。カジュアルな服装を好む。好物は、シャケのおにぎり。

しっかり者の姉のおかげで、喜怒哀楽が激しく少々我侭になってしまったらしいが、一途な性格。勉強は常に学年首席の成績だが、怪しい実験をしてしばしば大爆発を起こす。科学部所属。好物は、モンブラン。運動と料理がとても苦手。ピンクハウス風の服装を好む。

@sinya_0x0 ミラクル☆ガールズは、私の双子好きの根幹にある気がしますw うおー、ものすごく郷愁がw

趣味程度にやっていたフィギュアスケートを、父の死を機に、双子の兄・皇とペアを組んでデビューした帝。だが、デビューを果たした競技会終了後、皇は事故で亡くなってしまう。悲しみに暮れる中、異母兄・トーマと出会い、秘めていたジャンプの才能を開花させ、オリンピック出場という目標に向かって歩み始める。

異母兄・トーマの指導で、秘めていたジャンプの才能を開花させ、シングルに転向する。トリプルアクセルやクワドラブル(四回転ジャンプ)を飛ぶ選手へと成長していく。大らか(大雑把とも)で、落ち込みやすい性格だが、立ち直りも早い。本番に強いタイプ。

フィギュアスケート見てると赤石路代さんのワン・モア・ジャンプが読みたくなってくる(´・ω・`)

黒い肌に赤い髪。超コギャル風のももの片想いがさえにバレた!!もものお気に入りは、なんでもほしい宿敵さえから、大事な恋は守りぬけるか!?……だがそれは、最大の悲劇のほんの幕あけだった。

出典prcm.jp

見た目はガングロコギャルだが、実は純粋でマジメな女子高生。

満喫なう(*´▽`*)ピーチガール読み直してるけどやっぱこれが少女漫画の中で一番すき!

1 2 3 4 5