出典 strikefighterconsultinginc.com

カーチス P-40 ウォーホーク

初飛行:1938年10月
生産数:13,738機

 連合国各国で使用された戦闘機。
 性能的には平凡な機体であったが実用性が高く、戦争初期にも量産体制が整っていたため、他の戦闘機の補完的存在として広く使われた。
 開戦初期には日本軍やドイツ軍戦闘機相手に苦戦したものの、国外にも広く輸出され、中国戦線やアフリカ戦線、ソ連などでも使用された。
 中国国民党を支援した米国義勇軍「フライングタイガース」の機体としても有名。

この情報が含まれているまとめはこちら

【軍事】第二次世界大戦時の各国主力戦闘機まとめ

第二次大戦で戦った各国の国産主力戦闘機まとめ。主要国からマイナー国まで揃えました。なお、他国戦闘機を輸入やライセンス生産した例も多く(例:イギリス→F4F、P51。ソ連→P40、ハリケーンなど)、必ずしも自国製戦闘機のみで戦ったわけではありません。

このまとめを見る