第二次世界大戦は、航空機主体の戦いとなった。戦争参加各国とも国を挙げて戦闘機の改良と増産に励んだ。戦闘機はより高速を求め、開戦当初1,000馬力未満だったエンジン出力は大戦後半には2,000 - 2,500馬力にも達した。その急速な技術進歩の過程で、Me262などのジェット戦闘機が誕生した。

出典戦闘機 - Wikipedia

各国が鎬を削った第二次大戦の中でも、最も激しい競争が起きた兵器が戦闘機であった。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【軍事】第二次世界大戦時の各国主力戦闘機まとめ

第二次大戦で戦った各国の国産主力戦闘機まとめ。主要国からマイナー国まで揃えました。なお、他国戦闘機を輸入やライセンス生産した例も多く(例:イギリス→F4F、P51。ソ連→P40、ハリケーンなど)、必ずしも自国製戦闘機のみで戦ったわけではありません。

このまとめを見る