Republic P-47D Thunderbolt by I Wish I Was Flying CCライセンス:表示 - 改変禁止

リパブリック P-47 サンダーボルト

初飛行:1941年5月
生産数:15,660機

 第二次世界大戦後期にP-51と並び、アメリカ陸軍の主力戦闘機として活躍した重戦闘機。
 大柄な機体と強力なエンジンによって操縦性や機動性は良くなかったが、頑丈で強力な火力(12.8mm機銃×8)が持ち味であった。
 航続距離も長かったことから、欧州では対独爆撃機の護衛戦闘機として活躍。また爆弾搭載量も多かったことから、戦闘爆撃機としても大いに活躍した。アメリカ以外の連合国の空軍でも使用されている。

この情報が含まれているまとめはこちら

【軍事】第二次世界大戦時の各国主力戦闘機まとめ

第二次大戦で戦った各国の国産主力戦闘機まとめ。主要国からマイナー国まで揃えました。なお、他国戦闘機を輸入やライセンス生産した例も多く(例:イギリス→F4F、P51。ソ連→P40、ハリケーンなど)、必ずしも自国製戦闘機のみで戦ったわけではありません。

このまとめを見る