1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

furumaさん

こんにちは。
さて、絵具で絵を描く際に、画面がブヨブヨになってしまったことありませんか?
実はこの現象、水でといた絵具を塗るとき、紙に水が染み込んでしまうからなんですね。凸凹していると書きづらいし、凹の部分に絵の具がたまり、ムラになってしまいます。

そこで今回は、この現象を防ぐための方法「水張り」をご紹介します!

▼水張りについて

水張り (みずばり) とは、水彩画などを描くときに紙に歪みが生じにくいよう、一旦水に塗らした紙をパネルに張り付けるという手法である。紙が水に濡れると繊維の間に水が入って伸び、ふたたび乾くと元に戻るという性質を利用している。たとえばスケッチブックなどに水彩画を描くと、生じた紙の凹凸が完成後の絵にも残って不恰好な形となってしまう。しかし水張りした紙を利用すれば、彩色中に紙が波打って変形しても、乾かせば元に戻り、水張りしたパネルからはがせば凹凸のない面となるわけである。

▼準備物

すべてインターネットで購入が可能です。
近くに画材店が無い方は、楽天やAmazonで探してみて下さい。

ベニヤ板

画用紙やケント紙より少し小さめなもの

水張りテープ

ハケ

カッター

綺麗なタオルやハンカチ

紙とベニヤ板の間の空気を、抜く際に使用します。綺麗なものを使いましょう。

水を入れる容器

ハケに水をつけるために使うものですので、そこまで大きくないほうが良いです。

▼手順

1.まずは紙をベニヤにあう大きさに切る

上下左右すべて10mmほどベニヤ板より大きくなるように紙を切る

2.水張りテープを切る

水張りテープを縦横に貼るため4つ切ります。
長さは各辺より少し長めに。
(水張りテープは水がつかない所に置いておきましょう)

3.紙の裏面に水をつける

~裏表を見分ける方法~
紙の短い辺を自分の目に対し並行にして持ちます。
この際、紙の端が 【 これを90度傾けた図のようになっていると思います。
これは紙を切断する際に出来たもので、出っ張りが無い方が表です。

さて、ハケに水をつけ、紙の中央から角に向けて水をつけていきます。
画面の端につける際は机を濡らさないように紙を持ち上げてハケでつけましょう。
次は中央から上下左右に。その後は全体に水が行き渡るように水をつけます。
力を入れ過ぎないように注意。

徐々に紙が膨れてきます。まだつけましょう。
全体に水がいきわたってから少々待つと、ボコボコと膨れた紙がしんなりしてきます。
この状態まで来たら次に移ります。

4.空気抜き+貼り付け

水が付いている面をベニヤ板の表に置きます。中心に置くようにしてください。
片方の手で紙の中央を抑え、片方の手はタオルを持ちます。
タオルを持った手で、中心から長い辺に向かって放射状に押していき空気を抜きます。
この際にベニヤ板から出ている紙を曲げておきます。さらに、角の部分は隣の辺に折り込んでおきましょう。

次に、先ほど用意した水張りテープに水をつけます。ハケ、又は濡れたタオル等でこすり水をつけます。水をつけた途端、切手のようにくっつくので注意して下さい。また、水はつけ過ぎないようにしてください。
くっつくようになったテープを先ほど折り曲げた所へつけます。半分ほど空中にはみ出ますが大丈夫です。
空気を抜いた時のように放射状にタオル等で押して、紙を曲げ込みベニヤ板とくっつけます。端が余ったテープを隣の辺にくっつけます。
この際、しっかりくっつけないと乾燥した際に膨らんでしまいます。

反対側の長辺も同じようにくっつけます。
次に短い辺も先ほどと同じようにくっつけます。角を特に気をつけてください。
反対側もくっつけます。

完成!

後は乾くのを待てば完成です。急いでいる場合はドライヤーを使ってみましょう。

1 2