1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

最近活躍が目立つ「ステマ配合」ですが

父ディープインパクトにもニックス発見?

画像はJRA「競馬の殿堂」

※全レース映像も(凱旋門賞をのぞく)
http://www.jra.go.jp/datafile/dendo/horse28.html

母父にストームキャット

日本ではブルードメア(母の父)としての活躍が著しく、世界を股にかけて活躍するスプリント界の王者ロードカナロア、桜花賞馬アユサン、2005年フェブラリーSを制して種牡馬としても活躍中のメイショウボーラー、1998年の桜花賞・秋華賞、2000年エリザベス女王杯を制したファレノプシスなど、GI勝ち馬を複数輩出している。

【2016年産】無敗でクラシックへ参戦

内からアドマイヤマーズをかわすダノンキングリー(右)
画像:netkeiba.com

【2012年産】クラシック戦線へ

【2011年産】遅れてきた大物

「正直分からないな。ディープなのにボリュームがあって大きい。雰囲気はさすが高級な馬という感じ。もう少しシャープな方がいい気もするんだ」(弥永明郎氏)

出典デイリースポーツ

【2010年産】クラシック戦線で活躍

第29回 ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(3着)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2012/109.html
第60回 毎日杯(1着)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2013/034.html
第61回 京都新聞杯(1着)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/replay/2013/046.html
第80回 東京優駿(日本ダービー)
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/derby/result/derby2013.html

【競馬】キズナと武豊をめぐる馬と人々の絆
http://matome.naver.jp/odai/2135429198957783001

【海外の例】

1 2