1. まとめトップ
9 お気に入り 16631 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

regashisaitoさん

いま病院食がブーム!

「日本一おいしい! 」と評判の病院食がレシピ化!!
ごはん+メイン+副菜+汁もの、全部食べてもオール500kcal台。
病院食=薄味でおいしくないという固定概念を崩す“パンチのある味"が患者さんの間で評判を呼び、多くのメディアでとりあげられました!
ひじき、こんにゃく、きのこ、豆腐などの“低カロリー食材"でこっそり“かさ増し"してあるから、コクと旨みをアップしつつ、おいしくカロリーオフ。
トンカツやハヤシライスなどの高カロリーメニューも驚きのカロリーで作れちゃいます!

売れ筋 単行本 「せんぽ東京高輪病院500kcal台のけんこう定食 日本一おいしい病院ごはんを目指す!」 足立香代子,ワニブックス(ごはん+メイン+小ばち+汁もの、ぜ〜んぶ食べても500kcal台で収まる。患者さんのクチ... bit.ly/14eCUuc

4月23日めざましテレビで紹介のレシピ本「日本一おいしい病院ごはんを目指す! せんぽ東京高輪病院 500kcal台のけんこう定食」 揚げずにカリッ! 焼きトンカツ定食おいしそうでした。 bit.ly/11z2wwh

聖路加国際病院のおいしいと評判のレシピは、ローカロリー、健康になるワザと工夫があります。
和洋中華、家庭でかんたんにつくれるレシピを30献立選びました。
巻頭に100歳こえてお元気な日野原重明理事長「食べることは愛です」、
バランスのとれた、心もからだも満足な、おいしい日本の食卓のお手本です。

買いました 国楯のかるしおレシピ&聖路加国際病院の愛情健康レシピ 塩分控えて 1食500Kcal台のバランス献立 今日から 頑張って見ます✌ pic.twitter.com/zuKMK6urMU

病院食というと、どのような食事をイメージしますか?
美味しくなかったような……」。そうおっしゃる方も多いことでしょう。
しかし、食事は栄養を摂る手段であると同時に、日々の楽しみ、喜びでもあります。
料理法や盛り付けに工夫をこらし、丁寧に丁寧に仕上げれば、
栄養をバランスよく十分に摂りつつも塩分は控え、食材自体が持つうまみや美しさを感じることができるのです。
そこで本書は、1 食の塩分量を2~3g台におさえつつも、
栄養バランスや美味しさ、彩り、季節感にこだわった、きよせの森総合病院の料理をレシピにまとめました。
さらに、「もう1品欲しい」というときに重宝する人気のおかずや低脂肪のデザート、
厨房ではおなじみの便利なたれやドレッシングなどの作り方も紹介していますので、
ぜひご活用いただければと思います。

ダ・ヴィンチ電子ナビに、当院の総料理長・土屋シェフによるレシピ本『レストランより美味しいごはんを目指す きよせの森総合病院の極上健康レシピ』が取り上げられました。urx.nu/3SgT

このレシピ本がブームの火付け役だそう。

1食で塩分2g未満・500kcal台のバランス献立! 独立行政法人・国立循環器病研究センターが長年取り組んできたのは、「少ない塩分だからこそ、美味しいメニュー」。 塩を減らすのではなく、「塩を軽く使うから美味しいメニュー」なのです。 0.1mlまで量れる「かるしおスプーン」3本セットつき! 「かるしお」って何? 塩を軽く使ってうまみを引き出す、新しい減塩の考え方です! 1食、塩分2g未満--。これは、驚異的に少ない塩分量です。 にもかかわらず、「国立循環器病研究センターの病院食は美味しい! 」と、入院患者さんから大変な評判になり、今や「日本一美味しい病院食」として、テレビ、新聞でも取り上げられ、話題になっています。 「家でもこの料理が食べたい! 」との声から、本書は生まれました。 家庭でも作りやすいように、ごく少量の0.1mlまで量れる「かるしおスプーン」とともに、国立循環器病研究センターの創意と工夫が詰まったレシピを紹介します。

愛媛大学医学部附属病院では、従来、味気ない食事だった病院給食を、患者さんが喜ぶような病院給食にしようと、味付けや盛りつけのプロであるホテルJALシティ松山のシェフと、カロリー計算や栄養のプロである大学病院の管理栄養士がコラボで開発。現在、全国で初めて「超おいしい病院給食」を出しており、患者さんに大好評だという。
本書は、そのホテルシェフと大学病院の管理栄養士のノウハウを100%生かしてつくった、「おいしく、健康的にやせる、家庭でできる簡単ダイエットレシピ30」を紹介する一冊である。
本書で紹介しているレシピを実際に実行した3人の例も紹介しており、3人とも3週間で4キロ以上やせられたという。どの人も体脂肪率が落ちただけでなく、中性脂肪も減っており、無理なく健康的にやせられることが実証されている。
何度ダイエットをやろうとしても続かなかった人、失敗した人にもおすすめの一冊だ。

中年期にはいると、高血圧症とまでは診断されなくても、健康診断などで「血圧が高めですよ」と指摘される人が増えてくる。すぐにクスリを飲むのは抵抗があるという人も多い。そんなとき、まず指導されるのが「塩分を控えめに」ということである。では、どのくらい、どうやって、控えたらいいのだろうか。また、塩分控えめの食事って、ものすごく不味かったり、味気なかったりするのでは? と心配な方もいるだろう。
そこで、TVでも紹介され県内外から「入院するなら亀田」「ごはんもおいしい」と人気を集める千葉県鴨川市の亀田総合病院に、入院患者さまにお出ししているメニューのなかから、ご家庭でも簡単に作ることができる減塩レシピをご紹介します。塩分1日6gでもおいしい。しかも30セットの定食メニューだから、もう、献立に悩まない。あなたと家族の血圧コントロールにお役立てください。

ひるおびでも大特集!

病院食レシピへのつぶやき

【栄養士のつぶやき】タニタを始めとする「社員食堂レシピ」本に続いて「病院食レシピ」本なるものが売れてるとのこと。参考にして減塩感覚をつかんでもらうのはとっても大事だけど、ブームで終わらせないでほしいなあ。

病院食レシピ本、買っても眺めるだけだろうな。 実際食べるのは野菜の丸かじりと、グラノーラ wwww #tbs #ひるおび #hiruobi

病院食レシピが流行ってるらしい。ひるおびで特集やってる!僕は特に病院食が美味しくないと思ったことはないけどな。/日本一おいしい病院ごはんを目指す! せんぽ東京高輪病院 500kcal台のけんこう定食 ow.ly/kyjRS

1 2