1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hajimenoippoさん

金華糖(きんかとう)???

煮溶かした砂糖を型に流し込み、冷やし固めて彩色した砂糖菓子である。江戸時代に有平糖を模して作られたものとされ、結婚式の引き出物や節句祝いなどに用いられる一方、昭和期には駄菓子として親しまれた。

近年では金沢市や長崎市など一部の地域でしか見られなくなった。金沢市では今でも婚礼や雛祭の時に出されることが多い。

東京でも金華糖を購入できます!!

まんねん堂 金華糖への思い

江戸の時代から続く、江戸駄菓子の基本 「金花糖(きんかとう)」。

まんねん堂では、この「金花糖」になみなみならぬ思いを持って販売しております。

お菓子の根本ともいえる「金平糖」や「べっ甲飴」などでも製法が日々進化し、改良されているなか、「金花糖」の作り方は当時のまま。

日進月歩の今日、これだけの伝統と歴史を持つ駄菓子は他にありませんし、実際に現在でも「金花糖」を製造・販売しているところも、ほんの一握りです。

歴史と伝統、そして高い技術を持ってつくられた「金花糖」をお客様へお届けできることをまんねん堂は誇りに思います。

まんねん堂の金華糖がとにかくかわいい

大・小ありケース入り
※製造技術の問題で、寒い冬にしか作れない『金花糖』で、その中でも特に作るのが難しいとされる「招き猫」を今だけの特別販売いたします。
金花糖は砂糖菓子ですが、弊社では「お飾り」としても販売をしております (まんねん堂HPより)

金華糖以外のお菓子もあります

本店【アクセス】
東京メトロ日比谷線入谷駅下車、徒歩5分
【住所】
台東区下谷2-19-9
【営業時間】
9:30~19:00(土日定休)

伝法院店【アクセス】
東京メトロ・営団地下鉄・東武・つくばEX浅草駅下車、徒歩5~7分
【住所】
台東区浅草2-3-5 浅草寺すぐ
【営業時間】
10:00~18:00
不定休(雨天休みの場合あります)
http://www.mannendo.net/contents/omise.html

1