出典 crefac.exblog.jp

【1万円の福袋を買う】:10,000円

大事なのは


『1万円の』福袋を買うことです。



小額の福袋は、品数が少ない。
5個入ってて5個外れたら、収穫ゼロです。
元が安い物が多いだけに、簡単にその元値を想像できてしまうのもガッカリの一因です。



でも 1万円 の福袋ならどうでしょう?

20個のうち1個でも使えるものがあれば、あなたの勝ちです。

20個すべてが使えなくても、ネタ的にはあなたの勝ちです。

「いらないもの」 ではなく、
『高いんだろうけどいらないもの』 です。


・・・最悪、どうしてもいらないものはダメ元でヤフオクに出すという手もあります。

生かすも殺すも、あなた次第!

この情報が含まれているまとめはこちら

お金の使い方を思いつかない人に送る;お金を有意義に使う方法(~10,000円 編)

・働いているはいいものの、特にお金の使いみちがない。・同じようなものを買ったりしているので変化がほしい。・自分で決めるのがめんどうくさい。---10,000円を上限に、どんなことができるのか・使えるかを書いていきたいと思います。生活の一助となったなら、とてもうれしいです。

このまとめを見る