1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

.inドメインが突然の停止措置!有名サイトが相次ぎアクセス不能に...

4月30日に発生したドメイン停止措置によりネット界隈がパニックに。迅速な復旧が望まれます。

更新日: 2013年04月30日

33 お気に入り 22080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

uhosamaさん

4月30日、inドメインが突然の停止措置

今日(4月30日頃)、一部の人々の間で「うちのWebサイトで使ってる.inの名前解決が出来なくなった!」という悲鳴が聞こえています。

原因はWHOIS代理公開!規約違反でドメインが次々停止という事態に

.inのレジストリであるINRegistryが、whois情報公開代行サービスを利用しているドメイン名を次々と停止しているようです。

規約では「.inでは一切のwhois情報公開代行サービスを禁止している」とのこと。

ドメイン登録代行業者も対応に四苦八苦

突然の事態で、業者も状況確認中とのこと。

.in ドメインで、WHOISが代理公開、代理名義になっているドメインに関しまして、.in レジストリから、停止措置を取られているケースを確認しております。

.in ドメインのご利用について、弊社との契約終了とは別にドメインのご利用が行えなくなるという案件を弊社で確認しております。

復旧するには、ドメイン名義を自身の名義に変更し、レジストリに停止解除を依頼

【VALUE DOMAINのケース】
停止措置を取られている場合は、弊社からレジストリに停止解除の依頼を行います。解除の際、お客様の名義に変更する必要があります。

※5月1日 午前6時時点でまだ解除は確認されていない。

突然アクセス不能になってしまったWebサイトたち

今回の大規模停止措置によって突然アクセスできなくなってしまったWebサイトたち。中にはECサイト大手も含まれており、迅速な復旧が望まれる。

BASE(ベイス)

Nisshi

以下の代替URLで運営が再開されたとのこと。
http://nisshi.me

週刊少年ワロス

1