1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

手を握り合った男女の遺骨からわかる強い愛の物語

ルーマニアで手を握り合った男女の骸骨が発見されました。時代の風習、亡くなった原因などから非常に強い愛の結びつきを感じる事ができます。

更新日: 2013年05月02日

171 お気に入り 102553 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

satomonoさん

ルーマニアで若い男女の遺骨を発見

考古学研究所とクルージュ国立歴史博物館のチームによってクルージナポカの修道院の墓地だった場所を発掘中に発見

修道院の墓地が世俗化された1450年、そして1550年の間に亡くなった

一緒に埋葬された若いカップルは、お互いに直面しながら手を取り合っていました

推測される死因

男性は胸骨が鈍器のようなものからの一撃で壊れており、事故で死亡した

女性は外傷の後が無く、脳卒中や心臓発作で死亡したと推測される

女性は、男性と同時期に死亡しており、健康的であるため男性を失ったニュースを聞き、失恋のため死亡したと推測

非常に希な出来事

中世から19世紀にかけてのヨーロッパでは、カトリックには自殺禁令があり「自殺は他殺以上の重罪」

文化的概念からも自殺ではない可能性が高いです。日本メディアでは「後追い自殺」と表現していますが海外メディアはほとんどが自殺を否定しています。

二重埋葬はその時代ではまれであり、しかも手を繋いで発見する事は驚き

ヨーロッパ中世では、遺体は穢れとして扱うため、穢れどうしを結びつけるなどの風習がありません

ロミオとジュリエット

彼らは明らかに、お互いの愛へのオマージュとして一緒に埋葬された

ロミオとジュリエットの初公演は1595年前後と言われている

骸骨は1450~1550年に埋葬されているため、ロミオとジュリエットのように比較されながらも戯曲の影響を受けたわけではありません

1