1. まとめトップ
  2. カラダ

美肌には肝臓が大事?!肝臓が弱っている人の7つの特徴と対策!

美肌には肝臓が大事?!肝臓が弱っている人の7つの特徴と対策!

更新日: 2013年05月05日

ma-komeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1172 お気に入り 356963 view
お気に入り追加

美肌には肝臓が大事って本当なの??

肝臓が弱ると、体内のビタミンが不足し、それによって余分な黄体ホルモンが破壊されず、皮脂が増える。結果、ニキビが増えることになる。

「肝臓は沈黙の臓器」と言われていますが、実は、肝臓が疲れてくると、肌の色にその影響が出始める。

「原因不明のくすみ」が出てきた時というのは、肝臓が疲れているという可能性が高い。

肝臓は、全身の血液の浄化・解毒を行う重要な働きをしている。肝臓の働きが悪くなると、老廃物や身体に害のある物質を含んだ血液を送ってしまうので、これが肌の周りに蓄積され、メラニン色素を生産する。

紫外線対策がどんなに完璧でも、シミの原因に・・・

【チェック】肝臓が弱っている人の7つの特徴!

【1】睡眠時間が十分なのに朝の寝覚めが悪い。

睡眠中に肝臓で解毒が出来ずに絶えず身体に老廃物が溜っている状態。いわゆるドロドロ血で血流の悪い状態。

【2】執拗な眠気がある。

特に食後、箸を離して暫くすると眠くて堪らない。

【3】首こり、肩こりなどが多い。

肝臓機能が低下すると、筋肉、腱の収縮力が低下し、硬直しやすくなる。そのため、首こり、肩こり、背痛をはじめとして、ギックリ腰、関節痛になりやすいので、右肩がつるようにこり、首の筋もこることが多い。

【4】やる気が出ない、イライラする。

肝臓は別名「怒りの臓器」とも言われています。

【5】油っぽいものを食べると調子が悪い。メタボリック気味。

肝臓が不調で、脂肪の分解がうまくいかないため、食べて調子が悪くなったり贅肉として溜まったりする。

【6】よく「足がつる」「こむら返り」が起こる。

肝臓の代謝機能が低いため、肝臓の病気の危険性もあるとか。

【7】ゲップが頻繁に出る。

ガスが十分に抜けることなく、腸に溜り腹が張る。一部逆流しゲップとなる。

弱った肝臓・・・対策はどうしたらいいの?

食べ過ぎない。

食べ過ぎは、過剰な栄養の処理に追われて、肝臓が疲労する。

半身浴をする。

心臓から下の部分を40度くらいの少しぬるめの風呂につかって、5分半身浴+休憩を3セット。休憩の時には、頭や体を洗う工程をいれればいい。

しじみを食べる。

栄養価の高いしじみは、肝臓のためには積極的にとりたい食品。しじみは冷凍することで栄養価が倍以上アップするので生の新鮮なしじみを冷凍用のビニールバッグにいれて冷凍保存しておいて、しじみ汁やしじみの味噌汁にするのがオススメだとか。

日ごろから適度な運動をする。

肝臓の働きを助ける効果がある。血流を高め肝臓の働きの負担を軽減させる。

夜寝る時間と朝起きる時間を決め、できるだけそれを守る。

睡眠の質を上げることが大切です。良質な睡眠は、肝臓の若返りにも有効です。

1





ma-komeさん

事件、災害、鉄道などの速報系がメインです。たまにゆっくりと健康・映画ネタなどもまとめています。これからは大好きなディズニーネタを増やしていこうと思っています。よろしくお願いします。