海外転勤や海外出張時は納税管理人が必要です。

出典No.1923 海外転勤と納税管理人の選任|所得税|国税庁

日本国内の会社に勤めている給与所得者が、1年以上の予定で海外の支店などに転勤すると、一般的には日本国内に住所を有しない者と推定され、所得税法上の非居住者となります。
非居住者の所得のうち、日本国内で発生した一定の所得については、引き続き日本の所得税が課税されます。

前へ 次へ