30代男性が意識不明の重態

そう聞いて仲間と救急車を飛ばしてやってきたのは閑静な住宅街だった。

「ああ、やっと来てくれたんですね!」

玄関から勢いよく出てきたのは、20代半ばくらいの化粧の濃い女性だ。

「私が帰ってきたら主人が倒れてて・・・」

「救命処置などは行いましたか?」

「はい、元ナースでしたので、一通りのことはしたんですが、意識が戻らなくて・・・」

「とりあえず、ご主人を運びましょう」

家の居間のソファーには男性が横たわっていた。

私は男性の顔を見ると思わず

「キレイな顔をされていますね」

と言ってしまった。

「え?」

女性は呆気に取られていたが、
徐々に女性の顔が青ざめていくのが分かった。






【解説】
延命処置で人工呼吸したはずなのに妻の口紅がついてない。
妻は夫を見殺しにしたことがすぐにバレると悟った。

前へ 次へ