1. まとめトップ
  2. カラダ

実は危険な、起きてすぐにやったらNGなコト

起きてすぐにした方がいいと思っていることでも、実は体に負担をかけているものがあります。そのような、起きてすぐにやったらNGなことを集めました。さらに、その逆の、起きてすぐにやったほうがいいこともまとめてみました。

更新日: 2013年05月02日

c-hisaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2949 お気に入り 1210081 view
お気に入り追加

◇ヒゲそりやお化粧は肌に負担

電動でも手動でも、シェービング成功の秘訣はどちらにしても起きてすぐ髭を剃らない事

起きてすぐは肌が乾燥しているため、水をのんだり、蒸しタオルで肌を湿らせてから剃るなどの工夫をすることでカミソリ負けを防ぐことができます。

朝は、メイク落としで洗顔するだけで十分です。思いきってあぶらとり紙の使用も控えましょう

皮脂を必要以上に取ってしまうと、肌から水分が過剰に蒸発してしまいます。

肌が弱い人の場合、ばっちり決めたい日の前日はお酒を控えた方が良さそう

お酒を飲みすぎてしまうと体から水分が抜けてしまい、軽い脱水症状のようになってしまいます。

◇「眠気覚まし」のコーヒーは少しガマン

カフェインの多いコーヒーはインスリンの利きを悪くして、血糖値を上がりやすくする

甘いパンと一緒に飲んでも血糖値が上がりやすいので、できるだけ糖分の少ない食事と一緒に飲むようにしましょう。どんなに眠くても、起床後30分はコーヒーを飲むのをガマンしましょう。

薬やサプリメントをコーヒーと一緒に飲む…これでは、せっかくの栄養がカフェインとくっついてしまい、栄養効果がないまま体外へ排出されてしまいます

「朝は時間がないからサプリメントだけで済ます」という人は気を付けておきたいポイントです。

◇急に体を動かしたら危険

中高年の方々が起きてすぐ行なう運動は血圧の法則から危険

血圧が急激に上昇するので、体に大きな負担をかけることになります。同じく、目が覚めた瞬間に布団から思い切って飛び起きるのも危険です。

お腹がすきすぎている時には、血液中の糖質が不足しています。その状態で走り出せば、走っている途中にめまいを起こしたり、体調が悪くなってしまう事も考えられる

どうしても早朝に運動したい場合でも、なるべく朝食を摂って1時間以上たってから運動しましょう

◇起きてすぐにオススメのコト

日光を浴びる…朝、日光を浴びると体は1日の始まりを意識します。この時、1時間ズレていた体内時計をリセットしてくれます

ポイントは、起きてから1時間以内に日光を浴びることです。

歯磨きをする…朝起きたときがいちばん口の中が汚れているから、起きた直後に歯磨きするのは良いこと

ストレッチをする…朝起きてすぐにストレッチをすれば代謝が上がります。朝起きてすぐの代謝量を上げておけば、代謝量が上がっている状態のまま一日を過ごすことができ、全体の代謝量が上がる

ダイエットをしている人などには特におすすめの方法です。さらに体中に血液が行き渡るため頭もスッキリし、一石二鳥です。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

c-hisaさん

毎日ほのぼのと暮らしています。
幅広くまとめていきたいと思っていますが、メインは体や健康に関すること、覚えておきたいこと・ニュースなどです。



  • 話題の動画をまとめよう