1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

75%の男女が実感してる「婚活疲労」ってなに?

5月2日は「婚活の日」です。“婚活“という言葉も一般的になり、最近では堂々と婚活宣言する人も増えていますね。けど一方でそんな婚活に疲れ、心身に障害が出る「婚活疲労」に陥っている人も増え、専門の外来まで出来てきました。そんな「婚活疲労」について簡単にまとめています。

更新日: 2013年05月02日

72 お気に入り 52416 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

00mashimashiさん

婚活の日とは、サンマリエ株式会社が制定した、今年中に結婚するぞ!と、改めて婚活を頑張る事を誓う日です。

5月2日は「婚活の日」です

婚活の日とは、今年中に結婚するぞ!と、改めて婚活を頑張る事を誓う日です。サンマリエ株式会社が制定しました。

一方で「婚活っていつまで続けたらいいんだろう?」と、疲れちゃっている人も増えています

不眠からうつへと進行…疲れを感じている人は75%も

「婚活疲労症候群」とは、婚活で結果が出ない人の間でストレスが高まり、軽いうつ病にかかる人のことを言います

婚活が長引くと疲労が溜まり、不眠からうつ病になってしまうケースが目立つようです。

「婚活疲れがある」と答えた人は75.1%。実に7割以上の人が婚活疲れを感じているという結果が出ています

マッチ・ドットコム ジャパンが25~45歳の婚活中の男女241名を対象にした「婚活と日常生活との両立に関する調査」より。

そのような中で、現在では「婚活疲労外来」というものまで設立されています

東京都墨田区にある河本メンタルクリニックで最初に始まり、今では他の病院でも行われているようです。

43歳女性/婚活歴:5年~10年未満
「このまま見つからないかもしれないという焦りや精神的ストレスから、感情が不安定になることがある」

生真面目な人や思い込みの激しい人は要注意

ストレスから不眠やうつ、さらに女性の場合不安障害から過敏性大腸炎などの身体症状に発展することもあるそうです。

婚活ではどうして相手から断られたかがわからないため、より大きなストレスを感じてしまう

婚活においては、年齢、学歴、年収、性格、マナー、エスコートの仕方、家族、住むところなどあらゆるところから評価されるにもかかわらず、断られた原因がはっきりしないため。

また婚活疲労で不調におちいってしまうのは、きまじめな人や余裕がない人に多い

また、何歳までに結婚しなくてはなどと、自分で制限を設けるような、思い込みが激しい人にも多いらしいです。

河本メンタルクリニック 小野医師
「婚活は特殊な場面なので、一回断られるだけでも大きなダメージを受けることになる」

特に女性は不安障害になることが多く、過敏性大腸炎などの身体症状が表れたりすることもあるそうです。

一番効果的な予防法は”相談相手を作ること”

婚活疲労が酷くなる原因は、多くの場合、悩みやストレスを自分一人で抱えてしまうため。また一人で抱え込むことで、より考えが凝り固まってしまいます。同じ婚活仲間や、かつて婚活を経験した人など、相談できる相手を作ることで、婚活疲労を防ぐと共に、より広い視野を持って婚活することが出来るようになります。

婚活仲間を作り、自分の考えに凝り固まる事を予防する

同じ目的に向かっている仲間からのアドバイスを聞けば、別の見方があることを知り、マイナス状況に陥ることはなくなりますといいます。

婚活を体験したことのある相談相手を作る

断られたときの大きなダメージは、体験していない人にはなかなかわからないものなので、相談相手は婚活経験者の方が良いみたいです。

婚活しているという意識を捨てる

恋愛結婚だって、本人に婚活の意識がないだけで、はたから見れば立派な婚活となっているケースは多いです。相手を見ないで条件だけを見るという姿勢を捨て、人間性や人柄重視の恋愛結婚を目指すつもりで婚活に臨んでみましょう。

思い切って期間限定で婚活をお休みしてしまう

休んでいる間は、結婚に関して一切考えることはやめて、別の楽しいことに集中しましょう。さらに休むことによって、男性を見る目がリセットされ、「(条件が)イイ男はどこ?」という、男性に敬遠されがちな、婚活の場によくいる女性と差がつけられるといいます。

関連リンク

1