1. まとめトップ

デマ注意!当たり屋グループが○○上陸は30年前からある都市伝説

『当り屋が関東に来ています』といった画像が度々拡散されています。それらが、かなり前からあるデマことを示す記事・ツイートをまとめました。

更新日: 2013年05月03日

12 お気に入り 288268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

emo.tamさん

▼ 度々見かける「当たり屋グループ」のツイート

【当り屋が関東に来ています】 みなさんご注意ください。 かなり大きな当り屋グループだそうです。 詳しくは画像を見て下さい。 pic.twitter.com/X60vWTECKT

▼ かなり前からあるデマです。

当たり屋の存在自体はあるかもしれませんが、拡散されている情報の真偽は落ち着いて判断しないといけません。下記の情報等をみた上で、RTするべきか考えてみましょう。ググればすぐに出てくる情報ばかりです。

デマであることを伝える山口県警のHP

この情報は、昭和61年頃から全国的に出回っており、警察で捜査しましたが、そのような事実はありません。

http://www.police.pref.yamaguchi.jp/0430/atariya/atariya.htm

デマであることを伝える記事

この注意情報は1986(昭和61)年から本県だけでなく全国各地で出始めたという。当時、県警など全国の警察はナンバー照会などで実態を捜査したが、この当たり屋グループは存在しないことが分かった。捜査関係者によると、県内では10年以上前にも、同様の情報が流れたことがある。

デマの経緯を説明するWikipediaの記述

当たり屋グループ警戒をうながす怪文書が都市伝説として広まることも多い。

1985年前後より各地で出回り始めたとされる。一時はテレビや週刊誌でも採り上げられることがあったため、この都市伝説は、職業として自動車の運転に従事する者を中心に全国的に広まった。情報の広まり方としては、「当たり屋グループ出現チラシ」のコピーが手元に届き、そのコピーをコピーしたものを他者に送り、受け取った他者がさらにコピーを重ねて、さらに他者に送るなど、チラシのコピーを重ねていくうちに文字がつぶれて判別しにくくなったり、作り直された際に誤読され別の文字(数字)に置き換えられるなどの過程を経て、様々なパターンの内容ができていったと考えられる。一説によると、そのパターンは全国で200種類以上にものぼるという。

デマを研究していた大学研究室のサイト

すでに活動をしていないようなので、最新の情報はありませんが、例えば『2002年5月29日「中国新聞」の記事に協力しました。』とこのような画像もアップされています。

デマに言及するツイート

情報の亡霊【デマ】が、また回ってきた。「関西から山口ナンバーの当たり屋集団が来ている」というチラシである。これは80年頃に山口県警のある警察で、捜査のために地元の運送会社に情報提供を求めて流したFAXが元になっている。ナンバーが55で車種が「ブルーバード」など、昔のままである。

この「当たり屋情報」は、警察官時代にも何度も報告を受けている。かれこれ30年以上伝えられている息の長いデマである。口頭で広がったデマの寿命は短いが、文書で伝わったデマの寿命は長い。紙に書かれた情報の信頼性は口頭の比ではない。もしかしたら永遠に人々の間で生き続けるのかもしれない。

ちなみに,10年前の僕の防災特論のスライドにも,当たり屋デマの件が出てくる。

というか、今年も当たり屋デマがFaxで会社に来てたんだけど、誰かが見つける前にシュレッダーしといたよ。

どうやらデマの当たり屋情報が流れてるらしい。 福島民報新聞より… pic.twitter.com/bf5LrLLk

昼間のYBCラジオで山形県警の方が西日本方面からの当たり屋情報を完全否定。都市伝説の類ともwww

県内に関西から当たり屋の車が84台来てるってRTが回ってきたけど、かなり古いネタの都市伝説&不幸の手紙系拡散ネタらしい(^。^;)実際そんなんきたら怖くて運転したくないよ(T-T)

1