1. まとめトップ

すぐに実践できるぐっすり眠るための4つのコツ

少しでもぐっすり眠れるようになるコツをまとめました。

更新日: 2013年05月03日

2 お気に入り 1118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

faculaさん

①一時間半の倍数寝る

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という二種類の睡眠があって、その周期は一時間半です。ですので、眠りが浅くなるときに起きるのが理想的とされています。

例えば、6時間や7時間半の睡眠がもっとも効率が良い睡眠とされています。

②午前0時から午前6時の間に寝る

レム睡眠とノンレム睡眠は、寝る時間帯によって誤差があります。よって、睡眠の長さも大切ですが、寝る時間帯に気を使うことも大切です。

理想的なのは、午前0時~6時の間に睡眠を当てはめることです。

例えば、7時間半寝る予定なら、午前1時~午前8時半よりも、午前0時~午前7時半に寝る方が良いです。

③寝る1時間前に入浴する

人は、寝る前と後の体温の落差が激しいほど眠りにつきやすくなります。

そこで、1時間前に入浴することで意図的に体温をあげることで眠りにつきやすくなります。

お湯の温度は38~40℃ほどで、10~20分つかるのがオススメです。

④夜9時以降は強い光を浴びない

夜の9時以降は、メラトニンという睡眠を促す物質が生成されます。

しかし、このメラトニンは強い光を浴びるとスムーズに分泌されなくなります。

ですので、テレビやパソコンなどの強い光は良い睡眠の妨げになります。

ですが、現代で9時以降にパソコンが使えないと不便でしょう。そこで、9時以降は画面の照度を下げることをオススメします。

また、部屋の電気も間接照明にするとなお効果が期待できます。

いかがでしたか?すぐに実践できるものばかりですので、是非今日から実践してみて下さい。

参考文献

1