1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

単身女性─3割が相対的貧困、6割が低所得の非正規雇用
女性のライフコース、すなわち結婚、就労、子育てなどの選択のあり方は多様化している。

晩婚・非婚化の進展により、シングル女性が急増した。女性の高学歴化や社会進出が進むなかで、職業キャリアを形成し、安定した所得を得る女性が増えた。一方で、女性労働者の約6割は、派遣社員やパート、臨時・契約社員といった不安定、かつ低所得の非正規雇用である。

とくに、ひとりで暮らすシングル女性の経済基盤は弱く、国立社会保障・人口問題研究所が2009年の国民生活基礎調査を分析した結果によると、その約3割が相対的貧困の状態におかれている。

母子世帯─124万世帯、5年で8%増、経済的困窮から1割以上が家賃を滞納
1970年代以降、日本においては離婚の増加が顕著である。子どものいる夫婦の離婚にともない、母子世帯の数が増大している。2011年度の全国母子世帯等調査によると、20歳未満の未婚の子と母親のみの世帯は123.8万世帯であり、2006年の115.1万世帯と比較して大きく増加した。

母子世帯を特徴づけるのは、その経済的基盤の弱さである。同調査によると、母子世帯の母親の就労収入は181万円と少なく、他の同居家族の収入等をあわせた世帯収入も223万円しかなかった。

[労働]『結婚を女性ニートの解決策と捉えるのは現実的にみても無理だ。ニートのまま年を重ねていけば、男女を問わず困難な環境に置かれていく』『「女性は結婚すればいい」という時代錯誤の認識を完全に捨て去らなければ』 / “現場から:遅れ…” htn.to/j7HPZt

↓自分も結局、その中の一人になってしまったけど、高校入学時から躓き始めた当初は「単に運が悪かっただけ」と思ってた。だけど、その後も同じ躓きが続き、気付いた頃には、既に自分一人の力では手のつけられない程堕落してた…女性ニートってそんな状態じゃないか( ? _ ? )

続:その上、結婚するにしたって、大概の男性は決して、女性ニート、良くて社会で挫折したフリーターを一人の人間として認めないよ(慈善、支援団体等の男性は別)。自分も経験済だからよくわかる。お見合いで誤魔化しても同じ。男性の目線は甘くない。

"結婚が難しくなり、若い男性の収入も少ない現代。結婚を女性ニートの解決策と捉えるのは、現実的にみても無理だ。" tmblr.co/ZCjW4yk6Vb0O

1