1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

重度のアレルギー症を持つ少年を救った遠隔操作ロボット

アメリカで家から出られない子供が学習するための面白い取り組みが行なわれています。

更新日: 2013年05月04日

90 お気に入り 110173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

satomonoさん

重度のアレルギーに苦しむ少年デボン君

ニューヨーク州セネカフォールズに重度のアレルギーを持つ6歳の少年がいる

生後6ヶ月でデボンはアナフィラキシーショック症候群で呼吸窮迫症候群と喘息がおき、好酸球性食道炎の病気、食道のアレルギー炎症反応と診断

彼は数え切れないほど入院し、3回も集中治療室で治療した

デボンはピーナッツ、乳製品、卵、他の食品にアレルギーがある

誰かが自分の手にピーナッツ油がついたまま彼に触れたり、ピーナッツバターのサンドイッチを食べて、彼に息を吹きかけた場合...それは死刑宣告になる

そんな彼も学校で勉強している

彼も他の生徒と同じように教師や仲間のクラスメートと話をしている

西セネカ、ニューヨークのウィンチェスター小学校で学んでいる

鍵は遠隔操作ロボットVGo

VGOは見て聞いて話し、自分がそこにいるかのように動き回る

医療スタッフや医師、学生、リモートワーカー、医療、教育、ビジネスのためのロボット

家庭で人と直接話すための代替、またはビデオ会議の代替として設計された

元々はビジネス用の意図が高いロボットです。

彼はどのように活用しているのか

教師は彼に質問をすることができ、彼は手を上げたり、同級生と冗談を共有することができます

授業時間中、デボンは自宅の寝室にいるが、彼の顔はVGOの上画面に送信

彼は教室の先生、黒板、そして他の子供たちを見て、同様に学校で動き回ることが可能になった

デボンは、対話型のビデオ画面で同級生と話ができる

その効果で友人も増えた

1 2