1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

購入したiPhoneアプリを家族で共有する方法

家族や夫婦でそれぞれがiPhoneを持っている場合、どちらかが購入した有料アプリを、他の人も使えるようにできる方法があります。

更新日: 2015年03月18日

1509 お気に入り 494558 view
お気に入り追加

※このまとめは2013年5月作成時点での情報をもとにしています。
Apple社によるiOSの仕様変更等のため、掲載されている情報が古くなっている場合があります。

有料アプリ、個別に買わずに共有できないかな…?

出典gori.me

豊富なアプリが揃うApp Store。
一度購入したアプリは、家族にも共有したい!

夫婦や子供、家族がそれぞれ自分のiPhoneを持っていてそれぞれがApple IDを作成していると、有料アプリ購入の際、個々に支払いが発生します

別々のApple IDで購入すれば、当然その分の料金が発生します。

でも、せっかく高いお金を出して購入した楽曲やアプリは、できれば家族で共有したいですよね。

高い辞書アプリやゲームアプリなど、共有したい場面は多い。

重複したアプリや音楽をそれぞれ個別に購入しなくても、お父さんが購入したiPhoneアプリ、音楽を子供も自分のiPhoneにダウンロードして利用することができる

ひとつの有料アプリを家族内で使いたい場合など、それぞれ別々に購入する必要がなくなるワザがあります。
これはとっても便利でお得なので覚えておきましょう!

購入した有料アプリを共有する方法

一番簡単にそのような設定にするには、App Store用の「Apple ID」を家族共通にします

iPhoneでは、iCloud用、FaceTime用、App Store用など、一台の端末で別々にApple IDを設定することができます。多くの場合、すべて自分専用のApple IDにしていると思いますが、App Store用のApple IDのみ家族共通のものにすることで、購入したアプリの共有が可能になります。

1. iPhoneごとに異なるIDを作成し、それぞれに設定する。
2. 可能なら、iPhoneを出荷時状態に戻し、ユーザーごとに設定する。
3. 「設定」-「iTunes Store/App Store」に、共通のIDを設定する。

1、2の手順で既にお互いのiPhone(iPad、iPod Touch)に別々のApple IDが設定されている場合、手順3のみ設定すればアプリを共有できます。

「設定」から、「iTunes Store/App Store」をタップ

Apple IDに既存あるいは新規の共有用IDでサインすればOK!共有でないIDで既にサインインしている場合、ここをタップするとサインアウトができる。

AppStore以外の登録IDは個人の物を使用する

ここがミソです。プライバシーの問題などもあるので、iCloudなどストア以外のApple IDは共有しない方が良いと思います。

iCloud 用とストア購入用に同じ Apple ID を使っても、あるいは別々の Apple ID を使っても、利用できる iCloud の機能やサービスに変わりはありません

iCloud用とストア用のApple IDが別々でも、サービス内容に制限はかかりません。
共通のApple IDでストアにサインインすると、既にそのIDで購入済みのアプリや楽曲は無償で別の端末でもダウンロードできるようになります。

注意事項

便利なワザですが、多少注意事項もあります。

購入したアプリを家族で共有できますが、同時に購入履歴も家族で共有されます。購入履歴のプライバシーはありません

お父さんがこっそり買ったえっちなアプリが、妻や子供にバレてしまうことも…。
面倒ですが自分専用のストアIDを作成し、履歴を共有したくないアプリを買う時だけそちらを使用することで回避は可能です。

ひとつのApple IDで10台までのデバイスとコンピュータに同期可能というルールになっている

ひとつのApple ID は最大10台の端末に関連付けできます。端末が特定の Apple ID に関連付けられると、その端末はその後90日間、別の Apple IDに関連付けできなくなります。
まぁ大抵は10台もあれば充分ですが。

便利な反面ひとつのApple IDを共有すると、それにひもづくクレジットカードですべて支払うということになります

子供に勝手にクレジットカードを使われないように、パスワード管理などはする必要があります。
家族ならともかく、友達とIDを共有などということはクレジットカードを貸与しているも同然なので、絶対にNGな行為です。

他のiCloud、FaceTime、メッセージで使用するIDは個別のままです。
これらに共有IDを登録するとメールや友人連絡先などプライベートな情報まで共有されてしまいます

ストアのIDだけでなく、iCloudなどのIDも共通にしてしまうと、それぞれが撮った写真がごちゃ混ぜにバックアップされてしまったりするため、共有IDを設定するのはストアだけにしておきましょう。

この方法は違法や脱獄なものではありません。
公式にサポートされている方法です。

複数のApple IDを使い分けること自体に問題はないようです。
ただし、複数人で同一のApple IDを共有することに対して、規約違反になる可能性を指摘する意見もあるようです。Apple側は寛容なようですが、ご利用の際は自己責任でお願いします。

関連まとめ

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!