若さに満ちた言葉が口癖になれば、若さを呼ぶ脳内ホルモンが分泌され 若さを保つための生化学反応が誘発されるということです。
 逆に、老け込むような言葉ばかりが口癖になっていると、老け込む脳内ホルモンが多く分泌されることで老化を促す生化学反応がすようです。 普段から使う言葉には注意を払う必要がこの辺からもあるようです。「私は若い、みずみずしい」などのポジティブ な言葉を選びましょう。
 そうした言葉によって意識も若々しくなるというのです。 「もう若くない、年だから」というネガティブな言葉には、意識もそれに合わせて老け込んでしまうということです。

 わざわざ、老化を促す言葉を使い老化をうながす脳内ホルモンを分泌させることはないのです。 あくまでも、ホジティブ生活をすることが、老けない生き方として大事なことのようです。

出典口癖の言葉が意識を創り自律神経も刺激する

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

気を付けて!「口ぐせ」が自分自身へ与える影響がすごい!【脳科学】

普段、何気なく言っている「口ぐせ」が、実はあなたの考えや行動にも大きな影響を与えているようです。

このまとめを見る