1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【Jリーグ】広島GKと大宮FWが病院へ緊急搬送、選手とサポーターがとった紳士的な行動

サンフレッチェ広島GK増田選手と大宮アルディージャFW富山選手の接触プレーで試合は一時中断。ピッチに救急車が現れる緊急事態となりました。両選手とも無事だといいのですが…。両チームの選手・サポーターがとった行動は素晴らしいです。テレ玉の延長対応もありがたいですね。※両選手の状態を随時更新します

更新日: 2013年07月31日

80 お気に入り 82207 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

xxx1127xxxさん

▼J1第10節 広島―大宮(2013年5月6日 NACK)

J1第10節が6日に行われ、大宮アルディージャとサンフレッチェ広島が対戦した。

84分、広島の水本裕貴がロングボールの処理を誤ると、ルーズボールに途中出場の富山貴光が飛び込んだ。頭でゴールに押し込んだ富山だったが、飛び出してきたGK増田卓也と激しく交錯。両者ともに頭部を強打し、試合は一時中断した。

そのまま両選手とも起き上がることはできず、試合は22分間中断した。

両選手はピッチ上で横たわったまま、チームドクターらの応急手当を受けたが、容態を案じた関係者が救急車を、グラウンド角の入り口からピッチ上へ入れた。2人は救急隊員にストレッチャーへ乗せられ、別々の救急車に運び込まれると、増田はさいたま市内、富山は川越市内の病院へ搬送された。

J1第10節広島戦。選手負傷により一次中断しておりましたが、後半39分から再開しました。#ardija #大宮共闘

▼試合を見守っていた両サポーターがとった行動

救急車を待つ中断時間には、満員に膨れ上がったスタジアムの両軍サポーターから、1点を争う試合での勇気あるプレーと、一日も早い回復を願って大きな声援を送られた。

搬送される広島GK増田に大きな声援で送り出す大宮サポーター。感動的な光景だ。 pic.twitter.com/FfpTkCvqxp

▼試合後の挨拶にて各チームの選手がとった行動

試合後、広島は主将のFW佐藤を筆頭に暖かい声援を送ってくれた大宮サポーターと、アウェーに駆けつけたサポーターに感謝のあいさつを行った。

広島GK増田が脳震盪を起こしてからずっと側にいてあげた大宮ノバコビッチ最高。増田選手の名前を呼び続ける大宮サポーターも最高。試合終了後佐藤寿人が広島選手全員で大宮サポーターに挨拶行くのも最高。その後佐藤寿人がノバコビッチの所へ行きユニフォーム交換してるのとか、人として素晴らしい。

大宮vs広島見てきました! 試合は大宮が勝ちましたが、決勝点の際の富山選手とGK増田選手の負傷が心配。軽症であることを願ってます。 そして大宮サポが増田コール。 広島選手が大宮サポへの挨拶。 何度か涙を堪えました。 スポーツって素晴らしい!

▼両選手の怪我の状況(6日20時現在)

富山選手の状況ですが、救急車で病院に移動しました。脳震とうですが意識はありますのでご安心ください。状況が分かり次第またご報告いたします。#ardija #大宮共闘

広島の広報によると、増田は脳しんとうを起こし、口の中を裂傷を負ったが、意識を取り戻し、自分の名前や「(負傷は)後半ですよね」などと話したという。ただ、衝突の衝撃で頸椎を痛めた危険があるという。

▼ノヴァコヴィッチ(大宮アルディージャ)

お互いに力を出し切った中でのアクションで、サッカーでは起こり得ることだし、付き物でもある。起こってしまったことは残念だが、2人とも大きなケガにはつながっていないと聞いている。それは不幸中の幸いだった

両チームのサポーターが称え合い、励まし合う光景を見て、あらためてサッカーの素晴らしさを感じた

▼森保一監督(サンフレッチェ広島)

もちろん対戦相手なわけですけど、一つのゲームを作る仲間でもありますし、それはチームの垣根なく、審判も含めてゲームを作る仲間がああやって対戦相手である我々に声援を送ってくれる事は非常に仲間としてありがたいと思いました。ゲームをしている時は勝利を目指してぶつかり合う相手ですが、思いやりをもって選手に励ましの言葉をもらえることに感謝の気持ちを持ちたいと思います

Q:広島の選手が大宮のサポーターにあいさつにいきましたが、あれは監督がおっしゃったんでしょうか?

いえ、あれは(佐藤)寿人だと思いますけど、選手にも大宮のサポーターの皆さんの増田、富山に対するというか、選手に対する愛情が伝わったんだと思うんです。だからこそ恐らく自然にチーム関係なく大宮のサポーターに挨拶に行こうという行動につながったんだと思います

▼佐藤寿人(サンフレッチェ広島)

1 2