1. まとめトップ

日本の軍需産業ベスト10【三菱重工業】【川崎重工業】【三菱電機】

軍事産業は、国の要であって、必要性は感じます。しかしながら、国民が窮している状態で軍事産業にお金をつぎ込むのは、国家破綻を招くというのは、歴史から学び取るべきでしょう。

更新日: 2015年08月20日

40 お気に入り 303677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobuyuki5さん

国からの軍需産業を主力とする現代財閥企業

三菱重工業は(戦車、支援戦闘機、戦闘機、潜水艦、地対空誘導弾など)
川崎重工業は(輸送ヘリコプター、対戦車誘導弾中等練習機など)
三菱電機は(地対空誘導弾改善用装備品、中距離地対空誘導弾など)
日本電気は(音響信号処理装置、師団通信システム、ソーナーなど)
石川島播磨重工業は(練習機エンジン、戦闘機エンジンなど)

このほか、日立造船、三井造船、日産自動車、日立製作所、
新明和工業、ダイキン工業、IHIマリンユナイテッドなどが、
高額の受注契約をしているようです。

防衛庁の装備品契約高上位企業(2000~2004年年度合計)

三菱重工業 1兆4833億円 (さすがに三菱強い)

川崎重工業 6319億円

三菱電機 4934億円 (ここにまた三菱系)

日本電気(NEC)2996億円

石川島播磨重工業 2467億円

東芝 2184億円

小松製作所1806億円

富士重工業1073億円

IHIエアロスペース1019億円

富士通 957億円

記事中の表にある軍需産業上位10社に防衛省からの天下りが64人もいるという事実が、何よりも佐々木氏の指摘を裏付けていると思う。これほどふざけた話があるだろうか。日本を牛耳る一握りの支配層の私利私欲のために国民を捨て駒として利用しようというのが戦争法案の目指す本質だというのだから。

戦争に突き進む日本国

憲法を破壊する政府が一番危険だわ。中国・北朝鮮なんて、内部が常に不安定だから、攻めてくるのは非現実。政府が国民を殺す例は、歴史上いくらでもある。 twitter.com/x__ok/status/6…

最近、発言などがヒトラーに似てきて独裁政権の色を帯びてきたと言われています。

出典ameblo.jp

ナチスドイツを学んで憲法を無効化するような趣旨の発言を行っています。

麻生太郎「ナチス政権下のドイツでは、憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わってナチス憲法に変わっていたんですよ。誰も気づかないで変わった。あの手口、学んだらどうかね」

防衛賞・自衛隊から三菱重工などに天下り、そこから自民党(国民政治協会)に献金という構図。

1 2