1. まとめトップ

ペット【犬】のこんな行動…間違った理解していませんか?

ペット【犬】の妙な行動を見たとき、何を伝えようとしているのか疑問に思ったことはありませんか?ペットはそんないろいろな行動で飼い主に何かを訴えようとしているのです。信頼関係を築くにはまずペットの気持ちを理解してあげましょう。

更新日: 2013年05月14日

361 お気に入り 897931 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rockeychanさん

ペットのこんな行動…あなたには分かりますか?

愛犬がことばを話せたらもっと分かりあえるのに、そんなふうに思うことありますよね。犬はカーミングシグナルとよばれるしぐさや行動で、犬同士や人に対しても気持ちを伝えるサインを送っています。

同じしぐさでも人と犬では違う意味を持つ場合もあり、意味を取り違えていると、「そうじゃないんだけどなぁ。」と愛犬に思われているかもしれません。

▼犬のいろんな行動

首をかしげる

もっとよく聴こう、もっとよく見ようと思っています。またこのしぐさをすると、飼い主さんが「かわいい!」と喜んでくれることを覚えて、するようになる場合もあります。

寝ている時に動く

犬が寝ている時に、体をピクピクさせたり、足をバタバタさせたり、唸ったりします。
この時は夢を見ていますが、ちょっとした事で起きてしまいます。
安心して眠られるよう、そっとしておいて下さい。度々起こされると、落ち着きのない性格になってしまいます。

自分の体を舐める

この作業をグルーミングといいます。いつまでも前脚や特定の部分をペロペロなめ続けるのはストレスから発生する常同行動なので注意してください。 このように犬が体の一部だけをなめ続けるのは、強い不安やストレスを感じているためです。

人がはしゃいでいると飛びついてくる

人間の喜びというのは、ふとしてみると表現やアクションが関わってくるために犬にとっては喧嘩をしているのだという認識で見ているのです。
たとえ抱き合って喜んでいても、犬はそれを喧嘩と判断します。これは犬が喧嘩を仲裁するというしぐさなのです。

お尻をくっつけてくる

リラックスしている証拠です。 つまり、飼い主(ボス)が背後にいることで、犬は安心感を得ようとしているわけです。 ちなみに、これは飼い主に信頼をおいていなければ見せないポーズです。

あくびをする

相手が落ち着いて欲しい時や、犬がストレスを感じたときに出す。飼い主が叱った時にあくびをした場合、「落ち着いて!」「もう叱らないで!」と犬がお願いしている。

自分の足をずっと舐めている

犬が頻繁に足をなめるのは、ストレスが一番大きな原因だと言われています。以前に足をなめた時の刺激が気持ちよかったと記憶していて、退屈した時にこの行動をすることがあります。足をなめ続けると炎症や湿疹、ひどい場合は化膿してしまうことがあるので、原因を取り除いてあげましょう。

目をそらす

飼い主さんに怒られている時や、ほかの犬とすれ違うときなどに、相手から目をそらすのは「敵意はありません」と知らせています。

鼻を持ち上げる

自分が相手に対して攻撃の意思がないことを示し、相手の気持ちを落ち着かせようとするカーミングシグナルの一種だ。人間に対してこれをやる場合は、何かを欲しいとオネダリしている可能性もある。

1 2