自律神経である交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくな るとバランスが 崩れてしまいさまざまな不調が心とからだに現れはじめます。

たとえば、すごく疲れているのになかなか寝付けないってことありま せんか? 特に精神的に疲れているときはからだを活発にさせている交感神経か ら寝るために からだを休ませる副交感神経への切り替えが上手にできなくなってし まっているのです。

からだに出る症状 ・疲れやすい ・微熱が続く ・めまい ・立ちくらみ ・耳鳴り ・頭痛 ・多汗 ・冷え性 ・不眠 ・動悸、胸が痛くなる ・つねに体がだる い など

心に出る症状 ・不安感 ・恐怖感 ・無気力 ・イライラす る ・集中力の低下 ・記憶力の低下 ・気分が沈みやすくなる など

このような症状がでていて病院に行ってもからだの中に異常がなかっ たなどという場合は 自律神経の乱れからきているため自律神経失調症といいます。

出典Tharapyou〜自律神経〜自律神経の乱れと症状、失調症について。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

その不調、自律神経の乱れかも?自律神経を整えて不調を改善!

なんだかだるい、気分が落ちる。でも病院に行くほどでもない…あなたのその不調、自律神経の乱れかも?!自律神経のこと、自律神経を整える方法をまとめてみました。

このまとめを見る