1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

食パンの袋をとめるアレ「バッグ・クロージャー」の賢い再利用法

食パンの袋の口を留めるプラスチックのアレ、なんとか再利用したいと考えている人は多いようです。そんな何かに使えそうで使い道が思いつかないアレの再利用方法を色々探してまとめてみました。

更新日: 2013年05月07日

00mashimashiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1985 お気に入り 575023 view
お気に入り追加

出典3keta.net

アメリカ、クイック・ロック創立者のフロイド・パクストン氏が、「りんごを袋詰めしたあとに袋の口を簡単に閉じる方法はないか?」という問題を解決するために考案されました。

正式名称は「クイックロック バッグ・クロージャー」と言い、世界では「Bread Clip」という呼び名が一般的です

クイックロックというのはバッグ・クロージャーを開発したアメリカの会社名です。

この世界的な工場で日本中、全てのバッグ・クロージャーが生産されています。

*バッグ・クロージャーのあの独特な形状は、クイック・ロック社が特許を取得しています。

留め具を製造しているのは日本ではクイック・ロック・ジャパン(株)という会社(本社:埼玉県川口市)1社のみ

日本では山崎製パン、タカキベーカリー、フジパン、敷島製パン、リョーユーパンなどの大手製パン会社に納入しているそうです。

バッグ・クロージャーは日本だけでも年間26億個も生産・消費されています

食パンの口を留めるプラスチックのアレ、正式名称は「バッグ・クロージャー」といいます。無駄にカッコいいですね! pic.twitter.com/aW8NTFYEdo

そんな「バッグ・クロージャー」を賢く使いたい!

出典labaq.com

電気コードのプラグ部分につけて、電気機器の名前(DVDとかTVとか)を書いておく。たこ足配線でどこのコードかよくわからなくなったり、必要なプラグだけ抜いて節電という使い方も出来ます。手始めに、ひとつかふたつに取り付けるだけでも、だいぶ快適になる気はします。

服についてきている予備のボタンの袋に同じような色の糸をあらかじめ巻いておくと、ボタンが取れたときに取り替えたボタンだけが浮かなくてすみます。またそのまま使うのはちょっと可愛げがないので、シールやマスキングテープで楽しくデコレーションすると一気に可愛らしくなります。

デコレーションの仕方はこちらからどうぞ
http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/23489.html

面倒なゴボウの皮むきもバッグ・クロージャーを使うと子供でも簡単にできます。

この方法で輪ゴムがすっきり整理できます。色別や大きさ別にして整理できます。

3個100円程度で、すぐにずり落ちてしまうような安物の吸盤ハンガーでも、吸盤の根元に2~3枚バッグ・クロージャーを挟むことで、1年以上落ちないように使うことが出来るそうです。

バッグクロージャーを組み合わせることで、写真立てなどに活用できるそうです。

作り方はこちらからどうぞ
http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/34684.html

また10枚程度のバッグ・クロージャーを重ねて貼り付けることで、より安定して強固なスタンドも作ることが出来るそうです。

結びにくい込み袋の口を詰めるのにも重宝します。また生ごみに再利用すると、 においも漏れず、コバエも発生せず便利なようです。

1対がばらばらになりやすいので、このように1セットわかりやすく保管できるそうです。

バッグ・クロージャーを半分に切ると、グレープフルーツなど厚い皮を持つ柑橘類の皮むき器として使えるそうです。

作り方や使い方などはこちらからどうぞ。
http://www.esumai.jp/diy/grapefruit.htm

留め具を再利用して自身の結婚式で着るドレスを作ったのはデザイナーのステファニーさん。一生に一度しか着ることのないウエディングドレスが、多くの人にリサイクルの大切さを伝える意義あるアイテムになりました。

使った留め具は1万個、製作時間は300時間かかったそうです。

その他こんな使い方も

「袋を破らずに簡単に開封できます!」

クロージャーの下に指を入れ、手前に持ち上げるようにして、はずす。

クリーニング屋でもらうハンガーにTシャツをかけて肩ぐりあたりに止め具をはさみ、洗濯ばさみ代わりに

キッチンのふきんやタオルが落ちないようにバッグ・クロージャーで脇をはさんで固定する

ふきんを使う時は、スライドさせて留め具をつけたまま使うと便利だそうです。

「シンプルで楽に再閉封できます!」

袋を軽くねじってから、クロージャーの穴を押しあてて、押し下げる。
正しく使えれば、これほど便利な留め具は他にはありません!。

フローリングの床にこびりついた汚れなどをはがすのに、直接こそげ落とすように使うと大活躍

関連リンク

1





ワンワン!