1. まとめトップ
  2. カラダ

●炭酸飲料のデメリット

・骨が弱くなる、イライラの原因に

炭酸飲料は酸味料としてリン酸を用いる場合が多い

「リン酸」や「リン酸塩」を過剰に摂ると、
 骨から血液中にカルシウムが溶出してしまう

・糖分の過剰摂取による悪影響

炭酸の刺激が甘さを感じる舌先の感覚を鈍らせるので、
 糖分の濃度が同じでも甘さを感じにくくなってしまう。

炭酸が抜けたものを甘く感じるのはこのためです。

健康な人の体液、血液は、弱アルカリ性です。
 糖分は、消化吸収、分解される過程で、
 これらを酸性化する働きがあります。

体液、血液が酸性に傾き始めると、体の自衛機能が働いて、
 中和もしくは弱アルカリ性にしようとします。
 このとき、体内のカルシウムが使われます。

骨からのカルシウムの流出により
 骨の強度低下、骨痛、骨折などを引き起こす

女性の骨粗しょう症や骨折の予防には、
 やはりカルシウムが有効という研究を、
 オーストラリアのチームが英医学誌ランセットに発表

・うつ病の原因に

アメリカの研究によると、1日に4缶以上炭酸飲料を
 飲んでいる人は、全く飲まない人と比べて30%も
 うつ病を発症するリスクが高いことが判明

 しかもこのリスクは、カロリーが低いとされる
 “ダイエット飲料”を好む人の方が高かった

調査をおこなった研究員によれば、
 原因は、人工甘味料のアスパルテームにあると考えられるという。

ショ糖の100~200倍の甘味を持つため、カロリーオフの炭酸飲料などに使用されています。

●炭酸水のメリット

・持久力アップ、疲労回復効果

一般の水と比べて、炭酸水はその中に含まれている重炭酸によって
 筋肉にある乳酸を体外に排出する効果があるといわれています。

疲労物質の働きを抑える効果があるといわれているので、持久力アップの効果も期待されます。

マラソン選手のスペシャルドリンクにも
 微炭酸飲料が使われていたり、炭酸を少し飛ばしたコーラが
 使われたり、サッカーのイタリア代表チームなどは公認の
 微炭酸飲料を利用しているそうです。

・ダイエット中の食欲抑制に

炭酸がおなかで膨らみ満腹感をえられるため、
 食事制限によるダイエットにも役立つ

糖分を含まない「単なる炭酸水」であればカロリーを気にせず飲む事ができます。
ただし、炭酸が強い「炭酸水」は、胃が荒れるので注意が必要です。

・炭酸で肌の新陳代謝をアップ

炭酸パックの成分に含まれている二酸化炭素が肌に送り込まれると
 身体は酸素が足りないと判断し、肌に新鮮な空気を送り込もうと
 血液を循環させます。
 すると血管が広がって血行が良くなり、新陳代謝が活発に

・炭酸ガスの効果で入浴効果アップ

1 2





ジャンルを問わず思いつきでまとめサイトを作成していきます。(運営サイトにて記事をカテゴリ別に分類しました。)