1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yunishioさん

参院予算委員会で鈴木寛氏、ヘイトスピーチについて質問。安倍首相、答弁

安倍首相、ヘイトスピーチデモについて「一部の国、民族を排除する言動あること極めて残念」「私のfbにヘイトの書き込み散見される。他国の人々を中傷することで、我々が優れているとの認識を持つのは、我々を辱しめること」「私のfbでエスカレーションを止めるべきだと今度コメントする」

ヘイトデモ関連、参院予算委での安倍首相答弁①「ヘイトスピーチとは、憎しみをあおるような人種的な、性差に基づく誹謗中傷のたぐいだと思います。日本人は、まさに輪を重んじ、人を排除する排他的な国民ではなかったはず。どんなときも礼儀正しく、寛容の精神、謙虚でなければならないと考えてきた」

ヘイトデモ関連、参院予算委で安倍首相答弁②「その中で、一部の国、民族を排除しようという言動があることは極めて残念でありまして、そういう中において、日本人が大切にしてきた寛容、和の精神、謙虚さを見つめ直していく中で、オリンピック招致をめざしていきたい」

ヘイトデモ関連、参院予算委で安倍首相答弁③「私のfbでありますが、私の意見がヘイトスピーチなのではなく、書き込まれている中に散見されるのだろうということだと思います。他方、それをいさめる書き込みがあるのもまぎれのない事実でございます」

ヘイトデモ関連、参院予算委で安倍首相答弁④「私も以前書いたことはあるのですが、もし我々の国旗がある国で焼かれようと、我々はその国の国旗を焼くべきではない。その国のリーダーの写真を辱めるべきではない。それが私たちの誇りではないか」

ヘイト関連、安倍首相答弁⑤「他国を、他国の人々を誹謗中傷することによって我々が優れているという認識を持つことは、全く間違っている。結果として自分たちを辱めることになる。五輪を迎える上でお互いそういう考え方を持つべきだと、私のfbで、エスカレーションを止めるべきだとコメントしたい」

ヘイト関連、安倍首相答弁⑥「今の状況が、戦時下の言論統制のような、あるいは、一つの方向に向かい、他の国に攻撃的な姿勢を持っているという状況ではないと思います。その中で、我々が自信を失い、他の国を辱めたり、攻撃的になることで自尊心を回復しようとしている、これは大きな間違いです」

ヘイト関連、安倍首相答弁⑦「誇りとは、子どもたちが、海外で困っている人を見かけたら助けるような国際人になりたいと、思いを抱くことこそ、日本人の誇りだろう。そういう意味でも、そういう雰囲気があるのであれば、我々リーダーの責務でもありますから、諫めていくべきなんだろうと思います」終

ヘイトデモ関連、安倍首相国会答弁で気になったこと。他国の人々の誹謗中傷は間違っているとしたうえで、自身のFBで「お互いにそういう考えを持つべきだとコメントしたい」。お互いに。中韓の反日言動を意識しているともとれる。

安倍首相、ヘイトスピーチに苦言。答弁を引き出した民主 鈴木寛氏。五輪招致議連事務局長として、ヘイトデモが招致の障害になると考え質問。政府は文科相を答弁に立てようとしたが、事態を収束させるには彼しかないと、首相を要求。事前通告はしたが、FBについての質問はサプライズとのこと。

■ 各紙報道

安倍首相:韓国・朝鮮人への排斥デモ非難 参院予算委で
毎日新聞 2013年05月07日 23時53分(最終更新 05月08日 00時03分)
http://mainichi.jp/select/news/20130508k0000m010102000c.html

■ 鈴木寛氏による質問と調査結果

■ 関連まとめ

1