1. まとめトップ

【伝説は存在した!?伝説の3大陸】アトランティス大陸・ムー大陸・レムリア大陸

伝説の3大陸についての詳細や発見情報をまとめています。アトランティス大陸・ムー大陸・レムリア大陸。最新情報ブラジルの沖合にある大西洋の海底に、かつて大陸のような大きな陸地があった痕跡が見つかったと、現地調査を行った海洋研究開発機構が発表しました。

更新日: 2018年07月03日

90 お気に入り 617723 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

アトランティス大陸とは?

アトランチスの首都アクロポリスは、輪の形をした巨大な運河によって三重に取り囲まれている壮麗な一大水の都。これらの運河は外洋とつながる水路とつながっていたので、外から来た船は、水路を伝って自由にこの中に出入りすることが可能。その水路は巨船でさえも楽々と出入りさせられるほどの大きさであったという。

3つの輪の形をした運河はそれぞれ城壁に囲まれていて、一番外側の輪は、幅が90メートル、深さ30メートルほどあり、多数の船が停泊出来る港になっていた。水の輪同士は無数のトンネルで結ばれており、船はそのトンネルを通って他の輪にも行くことが出来き、さらにアクロポリスの中心部にまで行くことが出来る構造になっていた。

巨大な輪の運河に取り巻かれたアクロポリスには、たくさんの建物があり、それらは、この地下で産出された石で造られていた。

高度な技術と文明を持った人たちが住んでいたとされています

ムー大陸とは?

太平洋中央一帯に東西8000km 南北5000kmにも及ぶ広大な大陸が存在した。
大陸は、「ラ・ムー」という国王が統治する国家があり、首都はヒラニプラ。人口は6400万人にも及んだという。大陸は超古代文明が栄えその技術を活かし、次々と他国を制圧し支配地を拡大する軍事国家でもあった。しかし、栄華を極めた大陸は、大地震と津波により一夜にして海の底へ沈んでしまったという

ムー大陸が沈んだ理由☟

カンの6年、11ムルク、サクの月に恐ろしい地震が始まり、
13チュエンまでやむことなく続いた。

地の丘の国-ムー大陸は犠牲の運命にあった。

地下の火の作用により、大地は絶え間なくうち震え、各地で盛り上がり、また沈んだ。 10の国々民族は四散した。

かくして6400万の住民はその国と共に没した。
この書を編むに先立つこと8060年前のことである。

科学的に解明できない沈んだ理由☟

・神々の怒りを買い、大洪水により滅んだ。

・ムー大陸の火山が噴火した際に、地下に充満していた火山ガスに引火して爆発し、元々ガスがあった空洞が崩れて滅んだ。

・小惑星が地球に衝突して大地震と津波により滅んだ。

世界地図に太平洋中央一体に、あるはずの無い大陸が『ムー大陸』?

レムリア大陸とは?

約86000万年前。地殻変動によりインド洋一帯に東西3500km 南北4700kmに及ぶ大陸が存在したとされている。1874年、フィリップ・ラトレー・スレーターというイギリスの動物学者により提唱された大陸

インド洋中央一帯にインドの南部、マダガスカル島、マレー半島があわさった大陸が存在したのではないかと考えが生まれ、キツネザル(レムール Lemur)にちなみ「レムリア大陸」と名付けられた

過去の根元人種が住んでいたレムリアは大陸で、その存在する位置がインド洋ではなく太平洋にある

伝説の3大陸の場所

アトランティス大陸/ムー大陸/レムリア大陸

これまでのアトランティス大陸発見情報☟

ブラジルの沖合にある大西洋の海底に、かつて大陸のような大きな陸地があった痕跡が見つかったと、現地調査を行った海洋研究開発機構が発表しました

1997年にロシアの科学者らは、イギリスのランズ・エンド岬から160キロメートル沖で、アトランティスを見つけたと発表。

 2000年には、黒海の海底約90メートル下から、廃墟が発見されこれがアトランティスではないかと言われた。

 2004年には、アメリカの建築家がソナーを使い、キプロスとシリアに挟まれた地中海の海底約1.6キロ下から、古代文明であると思われる壁を発見。

 2007年には、スウェーデン人の研究者らが、北海の漁場ドッガーバンクで青銅器時代に沈んだ都市を発見。

今回話題となったブラジル沖の発見情報☟

ブラジルの沖合にある大西洋の海底に、かつて大陸のような大きな陸地があった痕跡が見つかったと、現地調査を行った海洋研究開発機構が発表しました。
太古の昔、海に沈んだとされる伝説の大陸「アトランティス」との関連が注目されています。

深さ900メートル余りの海底で岩の崖を発見し、映像を分析したところ、岩は、陸上でしかできない花こう岩だったことが分かった

現地調査のリーダー「海洋研究開発機構の北里洋さん」の話☟

「実際に潜水調査船に乗って、海底で花こう岩を確認できたときはとても驚き、感激した。伝説のアトランティスとは出来た年代が異なるようだが、大西洋に『大陸のかけら』を見つけた、意義のある発見だと思う」

今後の動向☟

現場の海底では今後、ブラジルの研究機関が、実際に花こう岩を採取して、詳細な分析を行うことを検討しているということです

▼不思議関連LINK

1 2