1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

伝統的な家父長制社会において、逸脱する女性像は、結婚時に性的体験があること、結婚後夫以外の男性と関係をもつこと、子ども(とくに息子)ができないこと、同性愛者であること、そして女性に課されているさまざまな義務(出産、家事、育児、その他)を果たさないことなどである

女性が性的に逸脱すると、家族や血縁集団の名誉が汚されたとして、離婚では済まず、殺されてしまう。殺人によって、当該集団の名誉は回復するのである。

市場経済が浸透すると、暴力も大きく変化する。インドでは、多くの場合結婚に際し花嫁側が多額の持参金を用意しなければならない

ワイセツなみぶりをする、罵倒する、唾を吐く、女性をつかむ、強制わいせつ、レイプ」などの行為が含まれる。場所は、不特定多数の人が集まるバスや列車などの公共の乗り物、ショッピングモール、バス停、映画館、学校、職場、レストラン、そして祭りである。典型的な被害者は、このような場所に一人でいる女性である。それに対し、加害者のほうは複数の場合が一般的である。

ホワイトリボンキャンペーンとは、女性に対する暴力をなくすために、男性が主体となって取り組む世界的な運動です。いまや、世界50か国以上に取り組みが広がっています。女性に対する暴力を振るわない!許さない!沈黙しない!

この内容はどうやっても「他国の事」とは思えない。目に見えない人は多いだろうが、日本も一部ではこういう国だ。「【SYNODOS】現代インドにおける女性に対する暴力 ―― デリーにおける集団強姦事件の背景を探る/田中雅一 / 文化人類学 」synodos.jp/international/…

現代インドにおける女性に対する暴力 ― bit.ly/15T2vcL 少女が少女を売り飛ばす、負の連鎖の少女売春=後ろ盾は警察官 bit.ly/11prUJP #hijitsuzai #非実在 漫画やネットを規制しても世界は変わらない。

【フィリピンでの韓国人の愚行:コピノ】韓国人留学生による不法売春や強姦、フィリピンの女性に対する暴力行為が社会問題化している。彼らとの間に生まれた子供を韓国人が責任を取ることはなく。コピノと呼ばれ差別を受ける。ベトナムや カンボジアでは韓国人との結婚が法律で禁止されている。

女性に対する暴力をなくすため「何かしたいと思うが何をしたらいいのかわからない」「今まで全くDVとか女性への暴力のことを知らなかった。正しく学習したい」という皆様へ、「デートDV防止に向けて」の無料出前講座を取り組みませんか? p.tl/EZ7l

【SYNODOS】現代インドにおける女性に対する暴力 ―― デリーにおける集団強姦事件の背景を探る/田中雅一 / 文化人類学 synodos.jp/international/…

凄惨な話しでインドに生まれなくて良かったと真底思う。と同時に日本にも同様の心理的背景が潜んでいる事を再認識。>【SYNODOS】現代インドにおける女性に対する暴力 ― デリーにおける集団強姦事件の背景を探る / 田中雅一 /文化人類学 synodos.jp/international/…

名誉にもとづく暴力

1 2