1. まとめトップ

米女性3人《誘拐・10年監禁事件》まとめ

行方不明となっていた3人の女性が発見された。3人は失踪場所からほど近い一軒の民家に監禁されていたとみられる。助けを求める声を聞きつけた隣人が民家のドアを蹴破り、逃げ出してきた3人を地元警察が保護した。3人とも元気で健康状態に問題はないという。長期にわたる失踪事件の奇跡的な救出劇に全米が沸いている。

更新日: 2015年05月08日

legion96さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 215244 view
お気に入り追加

米オハイオ(Ohio)州クリーブランド(Cleveland)で2013年5月6日撮影。
中央は10年間監禁されていたアマンダ・ベリー(Amanda Berry)さん。
※右は監禁中に生まれた今回救出されたアマンダ・ベリーさんの娘。
※左はアマンダ・ベリーさんと再会したアマンダ・ベリーさんの姉

■米女性監禁事件の概要

約10年前、別々に行方不明となっていた3人の女性が5月6日夜、米中西部オハイオ州クリーブランドで発見された。3人は失踪場所からほど近い一軒の民家に監禁されていたとみられる。助けを求める声を聞きつけた隣人が民家のドアを蹴破(けやぶ)り、逃げ出してきた3人を地元警察が保護した。3人とも元気で健康状態に問題はないという。

Missing Ohio girls were found just 3 MILES from Cleveland block were they disappeared despite huge police search | Mail Online

■監禁されていたのは女性3人と女児1人

監禁されていたアマンダ・ベリーさん、ジーナ・デヘスースさん、ミシェル・ナイトさんの3人は、ベリーさんが6日、クリーブランド中心部から数マイル南にある民家から逃亡したのをきっかけに相次いで発見された。6歳の女児も発見されたが、警察によれば、ベリーさんの娘とみられるという。

救出時年齢
アマンダ・ベリーさん(27歳)
ジーナ・デヘスースさん(23歳)
ミシェル・ナイトさん(32歳)
ベリーさんの娘とみられる少女(6歳)

■ミシェル・ナイト(Michele Knight)さんの失踪時期と失踪状況、失踪時の年齢など

21歳だった2002年、実家にいたのを最後に行方不明になっていた。

ミシェル・ナイトは、2002年8月21日、実家の母親・バーバラの元を訪れた。 ミシェルは離婚したばかりで別れた夫と 2歳になる息子の親権争いをしており、この日も ソーシャルワーカーの元へ相談に行くことになっていた。しかしソーシャルワーカーの元にミシェルが現れることはなかった。 彼女は実家を出たのを最後に姿を消した。
失踪当時は家出と判断されていた。

■アマンダ・ベリー(Amanda Berry)さんの失踪時期と失踪状況、失踪時の年齢など

2003年4月21日の午後7時40分ごろ、自宅近くのファストフード店での仕事を終えて帰宅する姿を目撃されたのを最後に行方が分からなくなっていた。

アルバイト先のバーガーキングを出た後、誕生日祝いをするはずだった自宅に戻る途中に姿を消す(当時16歳・誕生日の前日)

※失踪当時の画像(失踪当時16歳、失踪翌日17歳)


Search: Amanda Berry disappeared on April 21, 2003, a day before her 17th birthday

■ジーナ・デヘスース(Gina DeJesus)さんの失踪時期と失踪状況、失踪時の年齢など

2004年4月2日の午後、学校からの帰宅途中に行方不明になった。

中学校からの下校途中、午後3時の公衆電話での目撃を最後に姿を消す(当時14歳)

■女性たちの失踪場所

3人の女性がほぼ同じ場所で行方不明となっていた
10年前:アマンダ・ベリーさん(16歳)
10年前:ジーナ・デヘスースさん(14歳)
12年前:ミシェル・ナイトさん(21歳)

■アマンダ・ベリー(Amanda Berry)さんの失踪場所
West 110th Street and Lorain Avenue

■ジーナ・デヘスース(Gina DeJesus)さんの失踪場所
West 105th Street and Lorain Avenue

■ミシェル・ナイト(Michele Knight)さんの失踪場所
West 116th Street and Lorain Avenue

※監禁されていた女性名「GinaDeJesus」さん又は「Georgina DeJesus」さんのカタカナ表記には「ジナ・デヘスス」さん、「ジョージーナ・デヘスース」さんと表記するものもあります。

■救出に至る経緯

カストロ容疑者は6日、ついに気が緩んだのか、重い扉に南京錠をかけるのを忘れたままマクドナルドに食事へ出かけた。《中略》一緒に監禁されていた6歳の娘と2人の女性のために、ベリーさんは危険を冒すことを決意した。重い扉を引くと、さらに外には金網製の網戸があり、鍵がかかっていた。ベリーさんは助けを求めて叫んだ。

近所に住むチャールズ・ラムゼー(Charles Ramsey)さんがベリーさんの「ヘルプ!!」という叫び声を聞いてこの家に向かうと、ほんの少し開いた玄関ドアからベリーさんが手を伸ばして助けを求めていたという。

自宅で食事中に叫び声を聞いた彼は、彼女達が閉じ込められてたドアを蹴破ったという

「ハンバーガーを食べていたら、隣から女性たちの叫び声が聞こえた。行ってみると若い女性が必死で戸外に出ようともがいていて、俺に助けを求めてきたんだ」。

チャールズ・ラムジー(Charles Ramsey)さんは米ニュースサイト、アトランティック・ワイヤーなどに救出当時の模様をこう語った。

「叫び声が聞こえ、必死になって家の外に出ようとしている若い女性が見えた。近寄ってみると彼女は『もう長いことここにいるの』と言って、助け出すよう私に頼んだ」と語った。ドアが開かなかったため、ラムジーさんはドアの下部を蹴破り、開いた穴からベリーさんが這い出してきた。ベリーさんは幼い女児を抱いていたという。

救出したCharles Ramseyさんを「チャールズ・ラムゼー」「チャールズ・レムシー」「チャールズ・ラムジー」と様々な表記がありますが同一人物です。

1 2 3





legion96さん



  • 話題の動画をまとめよう