1. まとめトップ
  2. カラダ

目の紫外線対策、サングラスよりメガネが効果的ってどういうこと?!

目が日焼けをすると、肌も日焼けします。日焼け止めをいくら塗っていても日焼けする?!実はサングラスよりも眼鏡の方が効果的かも?!「UVカットメガネ」の正しい選び方もご参考に!紫外線対策は早目が一番!

更新日: 2014年06月26日

beauty-tipsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
408 お気に入り 487618 view
お気に入り追加

「紫外線」は一年中降り注いでいます!

紫外線の量は3月から上昇し始め、5月がピーク。

1日の中でのピークは12:00。
11:00-14:00頃は特に注意しましょう。

曇りの日でも快晴の日の60%、
雨の日でも20~30%の紫外線量がある。

木陰にいても照り返しで60%の紫外線量があります。

「紫外線対策」と言えば、
日傘、帽子、日焼け止め・・・
これらは日常的に取り入れやすいアイテムなので
既に愛用されている方も多いのではないでしょうか。

ところで、こんな記事がありました。

目が日焼けをすると、実は肌も日焼けをします。
角膜が紫外線を吸収すると、脳に「メラニン色素を作れ!」という指令を出すからです。

いくらお肌のUVケアをしていても、眼が無防備なままだとその効果は半減してしまう!

7cm以上のつばの付いた帽子で50%紫外線をカット。
これにサングラスをかけると90%までカットできる。

帽子だけだとたった「50%」!?マジデ....
だけど、サングラスをプラスするだけで40%もアップ!

角膜や水晶体が傷んで(炎症をおこし)様々なトラブルが。
視力の低下や、白内障をひきおこす原因にもなる

怖い(´Д⊂ モウダメポ
「眼の紫外線対策」って思った以上に 重要なんですね。

そんな、サングラスに抵抗のある人におすすめ!

でもでも・・
透明なレンズで紫外線カット効果は大丈夫かな?

紫外線透過はメガネの色の濃い薄いには無関係。
なるべく色の薄い物を選ぶ。

色の濃いサングラスをかけるとより多くの光を取り入れようと瞳孔が大きく開くため、
裸眼より危険となる場合もあるそうです。

100円ショップで売っているUVカット加工メガネも、紫外線予防の効果が高いものが多く、高額なサングラスや眼鏡を購入する必要はないですよ!

UVカットメガネを選ぶときの注意事項

顔の骨格に合ったものを選ぶ

太陽光の照射は正面だけではなく、上下、横、後方からも入ってきます。
フィットしたものを選んでください。

UV(A)カットを選ぶ。

紫外線にはUVA、UVB、UVCの三種類がある。
UVカットと表示されていてもUVAをカット出来ないと効果はない。

手持ちのサングラスの紫外線カット率はテスターで簡単に測れるので過去に買ったものでも店で調べて貰い、効果の薄いものは買い替えた方がよい。

その他のグッズ

顔の印象を変えない1番の方法です。

ただ、コンタクトレンズは黒目の部分を覆うだけなので白目の部分には紫外線があたってしまいます。

帽子や眼鏡などの他グッズと併用すると完璧ですね。

こちらは紛らわしいですが、UVカットではなく、UV "ケア"。
つまり、紫外線などで受けたダメージ(炎症や充血など)を効果的に改善してくれるものです。

年々強くなっていると言われる紫外線。
美容のため、健康のために、大切な目を守りましょう!

◇大型メガネショップでも取り扱いしてます

http://www.jins-jp.com/kakaku/
JINSでは、世界シェアNo.1グループのメーカーをはじめとした主力レンズメーカーの薄型非球面プレミアムレンズ(UV99.9%以上カット/屈折率1.60)を標準搭載しています。

http://www.zoff.co.jp/about/lensguide/
すべてのレンズに、「UVカット」「キズ防止」「反射防止」機能を搭載。
UV380、紫外線約96%カット。

メガネ一式価格+4,000円(税抜)
http://www.meganeichiba.jp/lens/original/puv/
パーフェクトUVブロックレンズは、新紫外線カットテクノロジーにより、400nmを含めたすべての紫外線を99%以上カットすることに成功しました。

http://www.alook.jp/feature/sunscreen20130426/
紫外線を吸収する人工メラニンを特殊技術で配合したメラニンガードレンズを使用。
紫外線を約99%カットし、あなたの目を紫外線から守ります。

1 2





ガールズ向け話題が大スキな20代女子です❤

ファッション・メイク・ネイル・ヘアケア・ダイエット・スキンケア・・

女の子が楽しめる情報をたくさん発信していきたいと思います!

このまとめに参加する