1. まとめトップ

【どれが好み?】地域でちがう天津飯の餡(甘酢・醤油・塩)

関東・関西の味付けの違いはうどんが有名ですが、ほかにもまだまだあります。そのなかで、私的に大きな問題である天津飯の餡の味について取り上げてみました。あなたは何派ですか?

更新日: 2013年05月09日

12 お気に入り 212639 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kayamameさん

天津飯大好きで関西出身の私が、東京へ来て天津飯を頼んでびっくり!

あれ、餡の色がちがう?赤い?

関東風は、とろみの強い赤い甘酢のあんがかかっている。

地域によって、餡の種類が違うんですね。ちなみに、赤いのはケチャップを使っているから。
ケチャップの甘みと酸味が味の特徴です。

関東風、関西風の両者の境は、静岡県!?

ただし、これは餃子の王将の関東風、関西風の境ではないかとの意見も

関西風は、「醤油餡」と、「塩餡」の2種類があります。

鶏がらスープに醤油を加えた醤油餡。茶色の餡です

鶏がらスープに塩を加えた塩餡。餡の色は透明

私は、塩餡になじんで育ってきたので断然「塩餡派」です。

でもなかなか東京で塩餡を見る機会がありません。
さびしい…

どうやら関西発祥の「餃子の王将」では、東京でも「塩餡」が食べられるみたい

王将版は、塩餡でもスープに近い雑炊よりのものらしいです。

関東でももっと増えてほしい。本当においしいんですよ!

あなたは、甘酢餡派?醤油餡派?それとも塩餡派?

作ってみて食べ比べてみるのも楽しいかも
それぞれのレシピを挙げてみました

1