1. まとめトップ

鬼束ちひろの変貌にマツコもタジタジ!? アウト×デラックス

デビュー当時の印象とは大きく変わった奇人・鬼束ちひろさんが、マツコ・デラックスさんとフジテレビ系・アウト×デラックスにて初対面しました。そこで彼女が語ったこととは? 後半には彼女のここまでの歩みをまとめました。

更新日: 2013年05月23日

30 お気に入り 255881 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bitaminera17さん

あの鬼束ちひろさんは、マツコデラックスと何を語ったのか!?

矢部っちには「てんとう虫」、マツコさんには「ちび助」とあだ名をお付けになられました。

これからセクシャル・バイオレンス!を発揮します

テキストでは魅力の半分もお伝えできないことが残念でなりません。

ニューヨークの蚤の市で1,000円で購入したオシャレなワンピースで登場。

いきなり矢部っちに喧嘩を売るw

矢部「いやぁ、初めてですよね」
鬼束「はい、会いたかったです」
矢部「僕もです」
鬼束「はぁっ!?」

いきなり怖いです。

バイオレンス!

マツコ「おしゃれね」
鬼束「そうっすか?でも街の中にこんなレンジャーはいないでしょ?」
マツコ「いやいや、だから、いないからおしゃれなのよ」
矢部「(足を組んでる鬼塚を見て)今セクシー!」
鬼束「バイオレンス!」
矢部「セクシーからバイオレンス!」
鬼束「Who are you?」

見事な返しをしたと思ったら急にやべっちに「あなた誰ですか?」とは、変人ここに極まれり。

この後いきなりの「who are you?」がハマったと思った鬼束さんは、いきなり「this is a pen!」と叫ぶのでありました。

嘘をつく鬼束さん

矢部「鬼束さん、仲良い人おるの?」
鬼束「友達ゼロ」
矢部「憧れてる人とかは?」
鬼束「カーネル・サンダース」
鬼束「昨日ビスケットがおいしかったからね、あれ最期蜜足りなくなりません?」
マツコ「あ~わかるわかる」
鬼束「で、友達と食べてたんですけど。」
矢部「友達おるやん!」
鬼束「nice to meet you!」

一分後に嘘がばれちゃう鬼束さんは悪い人ではありません。
嘘がばれて急にごまかす鬼束さんもかわいらしいです。

鬼束さんのファンであり、友達であり、スタイリングアシスタントのアイさん。
この方は本来鬼束さんの1ファンに過ぎないが、鬼束さん持ち前のフランクさで、お友達まで昇格したらしい。
ちなみこの日、シャクレ顎のNissenバックをいつも持っている「石垣さん」という1ファンも話題にのぼった。

Like a rock!

矢部「健康とか興味ないんですか?」
鬼束「ない。ご飯は食べてない。米と水がダメ、岩の味しかせん。」
マツコ「何を食べてるの?」
鬼束「今はスイカバー」

ちなみに岩は小学生の時に食べたことがあるそうです。

最近のスイカバーはチョコかけちゃってますが、鬼束さんの舌には少なくとも合っているようです。

尊敬するロバート秋山について。

鬼束さんの中でロバート秋山は「神の存在」だから、あくまでも親しい間柄ではないようです。
だったらなぜ、最初に「カーネル・サンダース」の名を挙げたのでしょう……

マツコ「昨今のこの秋山さんのブレークは、もう嬉しくてしょうがないわね」
鬼束「そうですね。(わずかな沈黙)……『ニョロニョロニョロニョロ!』とかいきなり言うんですよ。びっくりしますよね?」
マツコ「…いやいや、びっくりします。今、びっくりしました」

ゲリラ的な鬼束さんの発言の数々に、マツコさんもタジタジでした。

自分を愛する、鬼束さん。

鬼束「こんな熱く語ってる自分が好きw」
矢部「自分が好き!?」
鬼束「いとしい」

でしょうねぇ

他にも色々言っておりました。

人件費削減のためにメイクとスタイリング(自分で)全部やる。だからイコール私服が衣装になるっていう。これで街歩いてる

何もかもモノには目をつけたらかわいくなる。
魂吹きこみショー!

「目をつける=魂吹きこみショー」だそうです。

I am GOD'S CHILD デーデーデーン♪

全ての曲を演歌調に終わらせるという一風変わった芸術活動を行っている。
他にも「I will follow you デーデーデーン♪」と松田聖子の往年の名曲に大胆なアプローチを試み、スタジオを沸かせた。

鬼束ちひろがこうなっちゃうまで。

1 2