論文は「中国と500年以上の宗藩(宗主国と属国)関係を維持してきた太平洋の島国が日本の武力によって併合された」とした上で、「日本の琉球国併合は国際法に合致しておらず、琉球の人民・政府や宗主国・清朝政府の同意、国際社会の認可を得ていなかった」と指摘した。

出典時事ドットコム:「沖縄に主権及ばない」=日本けん制、中国政府見解と矛盾−外務省系誌

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ついに「沖縄を返せ!」と中国が日本に言い出した

共産党や政府の主張を反映している「人民日報」に沖縄の領有権を主張する論文が掲載されました。中国が何を主張しているのか、沖縄をどうしようとしているのかを簡単にまとめました。

このまとめを見る