1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

宮藤官九郎が脚本を手掛けた名作たち

脚本を手掛けた朝ドラ「あまちゃん」が大好評な宮藤官九郎さんの今までの名作集

更新日: 2017年04月13日

kazooneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
930 お気に入り 1097912 view
お気に入り追加

木更津キャッツアイ(2002年放送)

金曜10時に放送されていたTBSドラマ。

出演者
岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太
塚本高史、酒井若菜、山口智充、阿部サダヲ
古田新太、小日向文世、薬師丸ひろ子

後に映画化もされている。

木更津を舞台に、昼は野球仲間、夜はちょっとマヌケな窃盗団を組織する悪友5人組の活躍を描いた作品。

「主人公の余命半年」という情緒的にもなりうる設定でありながら、怪盗団、爆弾、殺人などの非日常的題材によって記号的・抽象的な印象が強まり全編に乾いた笑いを提供。さらに、ゆったりとした独特のノスタルジーが醸しだされ切なさと悔恨と希望に満ちた作品。

クドカンはこの作品について「木更津に行ったら、ここにいる出演者の皆さんが演じる人たちがいる、と思ってもらえたら…」とコメント。

69 sixty nine(2004年公開)

2004年に公開された映画。監督は李相日。

出演者
妻夫木聡、安藤政信、金井勇太、太田莉菜
井川遥、原日出子、柴田恭兵

1969年、長崎・佐世保。“楽しく生きる”がモットーの高校生ケンは、学校のマドンナ、憧れのレディ・ジェーンこと松井和子の気を惹きたいがために、仲間のアダマやイワセを巻き込み、映画と演劇とロックが一体となった“フェスティバル”の開催をもくろむ。ところが調子に乗った彼らは“跋折羅団(バサラ団)”を結成し、学校をバリケード封鎖するも、それが警察やマスコミが乗り出す大騒動に発展してしまい、無期謹慎の処分を受けることに・・・。

村上龍の自伝的な青春小説を映画化。激動の'69年を舞台に、モテたいがために一大騒動を巻き起こす男子高校生の姿をコミカルに描く痛快作。

キャッチコピーは
『1969年、世界では、フリーダムとラブ&ピースを訴えていた。
そしてボクたちは、楽しく生きるために、学校をバリケード封鎖した。』

青春とは、ハッタリである。

池袋ウエストゲートパーク(2000年放送)

TBSで金曜9時に放送されていたドラマ。通称『I.W.G.P.』。

出演者
長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、渡辺謙、佐藤隆太、山下智久、小雪、きたろう、森下愛子

ぶらぶらしている池袋の果物屋の息子、真島マコト(長瀬智也)が毎回その腕を見込まれてさまざまな事件の解決を頼まれ「めんどくせぇ~」といいながらショッキングな事実を解明。その事件を通して若者たちが揺れ動き、また団結しながら成長していくドラマ。

ギャングの抗争、少女の殺人などを背景に、今どきの若者の現実をポップに描いている。不良だけにスポットを当てるのではなく、オタク、ヒキコモリといった少年たちも同じ土俵で描かれている。

渡辺謙、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、坂口憲二、小雪、佐藤隆太、阿部サダヲら、後にブレイクを果たした俳優を含め、豪華なキャストが出演していた。

ぼくの魔法使い(2003年放送)

日本テレビで土曜9時に放送されていたドラマ。

出演者
伊藤英明、篠原涼子、西村雅彦、古田新太、小田茜、ベッキー、阿部サダヲ、渡辺いっけい

町田道男(伊藤英明)とその妻・留美子(篠原涼子)は、結婚して3年になるが、お互いを「みったん」「るみたん」と呼び合い、人前でも手をつないで…とラブラブ。道男が窮地に立たされると、なぜか留美子がある男に変身して、問題を解決してしまう

夫のピンチを救うためにその妻が何かを思い出そうとすると、突然見ず知らずのオヤジに変身してしまうという大仕掛けが見物のハイテンション・コメディ。

舞妓Haaaan!!!(2007年公開)

2007年に公開された映画。監督は水田伸生。

出演者
阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ、酒井若菜、キムラ緑子、大倉孝二、生瀬勝久

お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお茶屋の常連で、仕事で実績を出した公彦はついにお茶屋デビューを果たす。

舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描いた人情喜劇。

あでやかな舞妓姿を見せた柴咲コウが阿部、宮藤らのパンク・バンド「グループ魂」に参加し、主題歌を歌っている。

マンハッタンラブストーリー(2003年放送)

TBSで木曜10時に放送されていたドラマ。

出演者
松岡昌宏、小泉今日子、及川光博、森下愛子、船越英一郎、酒井若菜、塚本高史、尾美としのり

恋に疲れた女がひとり、その店のドアを開けた。その店の名はマンハッタン。こだわりの店長とマンハッタンにやって来る客たちが繰り広げる片思いの連鎖。大人の恋がもうすぐ始まる。

宮藤官九郎のコメント

「テレビドラマ脚本家としての最大の転機ですか?…うーん、これといってありませんけど、強いて言うなら『マンハッタンラブストーリー』ですね。恋愛ドラマというのが初めてだったから自分の中に「正解」が見つけられず、しかも敢えて実験的なチャレンジもたくさんしましたから、非常に疲れたんです。あの作品は、でも、おかげで守備範囲も広くなったし、やって良かったと思いますね。」

GO(2001年公開)

2001年に公開された映画。監督は行定勲。

出演者
窪塚洋介、柴咲コウ、大竹しのぶ、山崎努、山本太郎、新井浩文、村田充、細山田隆人、キム・ミン、ミョン・ケナム、大杉漣、塩見三省、萩原聖人

高校3年の杉原の国籍は韓国だが、普段はまったく気にしない。桜井という少女とつきあうようになり、いつか自分の国籍を告白しなくてはならないと思っていたある日、同じ国籍をもつ親友に悲劇が起こる。

国籍や民族に囚われず、自らのアイデンティティに目覚めていく青年の青春を描いた青春ドラマ。

真夜中の弥次さん喜多さん(2005年公開)

2005年に公開された映画。監督も宮藤官九郎が務めた。

出演者
長瀬智也、中村七之助、小池栄子、阿部サダヲ、柄本佑、生瀬勝久、寺島進、竹内力、森下愛子、岩松了、板尾創路、山口智久、古田新太

ワイルドで熱い男の弥次さん(長瀬智也)。美貌のヤク中の役者・喜多さん(中村七之助)。愛し合う2人は喜多さんのヤク中をなおすため、お伊勢参りの旅に出る。

1 2 3





このまとめへのコメント1

1

kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見