1. まとめトップ

【ムダ買いしてない?】必要最低限の出産準備

まずはこれだけそろえておけば問題ないものをまとめました。何かあればあとから買えばいいです。

更新日: 2015年09月18日

mituraarutimさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1449 お気に入り 1893636 view
お気に入り追加

赤ちゃんの着るもの

洗い替えも含めて4枚あれば十分です。

長袖をきる季節であれば、下のコンビ肌着の中に着させます。

股の部分をボタンで留めるタイプの肌着です。
これも洗い替えも含めて4枚あれば十分です。

短肌着・コンビ肌着は下着にあたります。
普通の服にあたるカバーオールは初めは1枚購入し、サイズ感を確かめてから2枚目を購入すると間違いないと思います。

春・秋・冬生まれなら、最初は2着ほど。
冬でも家の中では裸足で大丈夫です。
1ヶ月検診が冬になる方は準備を。

夏は夏用、冬はニット帽があればいいですね。
1つあれば問題ないです。

新生児は頭の表面積が体全体の1/5を占めるそうです。
冬に産まれてくる赤ちゃんは、外に出るときに頭も防寒してあげてください。

授乳系

完全母乳予定の場合でも、1本用意しておくとよいと思います。
洗浄方法は、煮沸・レンジ・薬品消毒のいずれかお好きな方法で。
乳首など細かいところを洗うブラシは必要に応じて。

完全母乳予定でも用意する必要があります。
完全ミルク予定でなければ最初は小さい缶から。
開封後1ヶ月経つと新しいのにした方がよいそうです。
妊婦のときにアカチャンホンポに会員登録しておくと、小さいのを1缶もらえます。

手動、自動、メーカによっても使い心地が変わってくるので、病院で使って使いやすいものがいいと思います。
入院中に購入するとよいかと。

よく出るときは押さえるために。
あと、敏感になっているので下着ですら痛い場合の保護にも。
肌が弱い方はピジョンのプレミアムケアがおすすめです。

おむつ系

病院で使っていたものを入院中に通販で頼むのが一番よいかと思います。
2パックほど
新生児サイズ、Sサイズはすぐにサイズアウトするので、買い置きは注意です。

布おむつの場合は、おむつカバーを。
布おむつにする場合でも、最初の1ヶ月くらいは紙おむつで過ごすのもありだと思います。

個人的なオススメは、アカチャンホンポの厚手のものです。大きい方は厚手の方が安心。
肌に合わない可能性もあるので、最初の用意は少なめに。

1ロール、100枚くらい。
大きい方の使用済みおむつはつつんで。

おむつ用のゴミ箱です。
週2回のゴミであれば、容量は12リットルあれば問題ないと思います。

中にはゴミ袋をセット。

もしくは、アップリカやコンビが出しているおむつ用ゴミ箱。これはランニングコストがけっこうかかります。。

お風呂用品

出典ameblo.jp

折りたためるものが便利です。
アカチャンホンポのオリジナルを買いましたが、1ヶ月位で水漏れが。。

出典ameblo.jp

泡で出てくるものが使いやすくて便利です。
500ccくらいで3ヶ月はもちます。
詰め替え用の購入は、その製品が体に合うかどうか確認してからの方が良さそうです。

タオル類

出典antina.jp

赤ちゃんの枕代わりや夏場のタオルケット代わりにも。

肌触りの優しいものがいいですね。
沐浴、ベビーベッドのシーツの上に敷くとよいです。

お風呂あがりに拭くタオルは、フードが付いているものが本当に使いやすくておすすめです。

お世話のためのもの

刃の部分が長いもののほうが使いやすいです。

風邪を引いたときは必需品です。
病院に行く必要がありますが、家庭でこまめに鼻水を吸うのも大切なそうです。
いつ風邪を引くかわからないので、産前に準備しておくと安心です。
ただ、これを使った後は母親のうがい手洗いなど必須です。よく風邪が移ります。
値段が10倍以上違いますが、自動吸引器もあります。

大人用のものでOKです。
普通に脇で計ります。
ぐいぐいすると痛いようなので、挟んで固定したらあまり動かさないように。

1 2





mituraarutimさん