1. まとめトップ

復帰してからはご意見番に?物議を醸している発言増える、ナイティナイン岡村隆史さん

長期休養後、本業のお笑いよりも様々な発言の方が注目を浴びているナイティナインの岡村隆史さん。ラジオで語られる苦言も正論であるためにより支持や賛同を受けているようです。ただ「めちゃいけ」が面白くなくなっているのが残念ですが…

更新日: 2018年05月26日

3 お気に入り 187075 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■「1時間で終わったほうがきれい」ナイナイ岡村、思い入れの深い『みなおか』最終回を語る

3月22日深夜に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)において、放送直前に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の最終回について語った。

 岡村は「数字(視聴率)が取れないから特番にしないではなく、とんねるずさん的に一時間で終わったほうがきれいって判断だったのでは」と語った。さらに、『ほんとのうたばん』に出演したCA(荒井千佳)は、ナイナイのマネージャーだった“坪倉大臣”の嫁であり、「久々に見たけど、変わっておらずべっぴんさんやな」と懐かしんだ。

岡村は大阪出身の吉本芸人ながら、とんねるずには人一倍の思い入れがある。

 「岡村が『とんねるずのオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)にハガキを書いていたのは有名な話です。しかし、レベルが高すぎるため一枚も読まれなかったそうです。その伝統を受け継いだのか、岡村の番組も深夜ラジオの中で最難関の番組となっており、ハガキ職人からはプロの放送作家を何人も輩出していますね」(芸能ライター)

 さらに、岡村は1997年3月に放送された「みなおか」の前番組『とんねるずのみなさんのおかげです』(フジテレビ系)の最終回にも出演している。

「数あるパロディ企画でも高い人気を博した『仮面ノリダー』ですね。ちびノリダーで、現在は俳優として活躍する伊藤淳史に続き、“分身”として岡村が出演し、石橋貴明扮するラッコ男に対し機敏な動きで闘いを挑みました。木梨憲武扮するノリダーから戻るよう促されると、岡村は『戻んないよ。素人の頃から観ていたんだ』『とんねるずの(ラジオ番組の)本も全部持っている』『夢にまで見た番組出演、帰るわけにはいかないんだよ。今日は最後までいるよ』と述べていました」(前出・同)

 とんねるずを慕う芸人は多いが、岡村はその中でもとりわけ彼らへの愛が強いといえるだろう。

石橋貴明、ナイナイ岡村ANN生出演へ

お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明が、3月1日深夜放送のラジオ番組『岡村隆史のオールナイトニッポン(ANN)』(ニッポン放送 毎週木曜 深1:00)に生出演する予定であることがわかった。15日深夜放送の同番組内で発表された。

出演“予定”となっているのは、石橋が直前まで別現場での収録を行っているためで、収録が終わり次第、東京・有楽町のニッポン放送のスタジオへと駆けつける見込み。出演が実現すれば、岡村のラジオに出演するのは2008年10月に矢島美容室として『ナインティナインのオールナイトニッポン』に乱入して以来、9年5ヶ月ぶりで、14年10月に岡村単独でのANNになってからは初となる。

 50年にわたるANNの歴史の中では最長となる24年もの間パーソナリティーを担当している岡村だが、リスナーとして最も熱心に聞いていたのが『とんねるずのオールナイトニッポン』。番組にネタはがきを投稿していたのは、ファンの間でも有名なエピソードとなっているが、岡村がコンビとしてANNをスタートさせた際に意識していたのも“とんねるず”だったと言うほど、大きな影響を受けた存在だ。

この日の放送で、岡村は「なんと貴明さんが来てくださるということでございます。しかも生出演。僕は『とんねるずのオールナイトニッポン』をずっと聞いていた人間ですから」と感慨深げの様子。ナイナイ初期の目標についても「西のとんねるずを目指そうって言って、ちょっとしたコンセプトは持っていた」と紹介した上で「もし(冒頭に)間に合わなかったら、僕が(最近始めたコーナーの)タップダンスクイズでつなぎます。来てくれるのかな…」と心待ちにしている様子だった。

 普段はなかなか聞けない“本音”が飛び出すのも深夜ラジオの魅力だが、お笑い界の第一線で活躍する2人がどんなトークを繰り広げるか。実現すれば、濃密な2時間になりそうだ。

■矢部浩之が『ぐるナイ』ゴチ“クビ”で、ナイナイの「実質解散状態」が加速! コンビ分断へ

12月21日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)において名物企画「グルメチキンレース ゴチになります!」が放送され、レギュラーメンバーのTOKIOの国分太一と、ナイナイの矢部浩之が“クビ”になった。

 矢部は1年間の謹慎だが、国分は19年間務めたレギュラー番組を去ることになった。最後のあいさつでは「(いつかは)卒業しないといけないと、いつも思っていた」と語った。国分の卒業で懸念されるのが、ナイナイのコンビ仲であろう。

「放送を受け岡村隆史はラジオ『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)において、現在のナイナイは、ほかの番組では楽屋が別だが、『ぐるナイ』だけは矢部、岡村、国分、羽鳥慎一アナの4人部屋で、国分が矢部と岡村の話をつないでくれるので『すごい助かる』『間接的に3人でしゃべってる仲いい感じになる』と述べていました。ただ『ほかの3人は結婚して子どもがいるので、家庭の話が始まると孤立する』とも嘆いていましたね」(芸能記者)

 来年3月末の『めちゃ×2イケてるっ!』(フジテレビ系)終了後は『ぐるナイ』が、ナイナイにとって唯一の定期レギュラー番組となる。だが、番組のメイン企画である「ゴチ」から矢部が消えることで、同番組においてもコンビそろっての露出が減るのは必至であろう。

「長い間、ナイナイの両者がそろう場所は、ラジオの『オールナイトニッポン』であり、フリートークで近況報告や思い出話をすることでコミュニケーションを図っていました。しかし、14年9月に矢部が降板。以降は岡村ソロの番組となっています。テレビにおいてコンビとして接点のあった『めちゃイケ』に続き『ぐるナイ』を失うことになれば、かねて指摘されている実質解散状態がさらに加速する可能性は高いといえるでしょう」(同)

 個人での活動も、東京に完全に根を下ろした矢部に対し、このところ関西への回帰傾向が強い岡村と、対照的な2人。来年は、コンビ“分断”への始まりの年ともいえそうだ。

■中居正広 めちゃイケ旅ファイナルへ!3年ぶり実現 1月2日、ネットに期待の声

来年春に21年半の歴史に幕を閉じるフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)で、元SMAP中居正広(45)が参加する名物企画「中居&ナイナイ日本一周」を来年1月2日に放送することが分かった。2日の放送で発表された。

番組終了までの残り半年間、全力を出し切り、悔いなくゴールする「シュウ活プロジェクト」。今回は日本一周の“周活”となる。「中居&ナイナイの日本一周の旅」は番組黎明期からの人気企画で、次回1月2日の放送では中居が旅程を真剣に計画。過去21年で日本11周した3人がついにファイナルの旅に出発する。

 「日本一周祝25周年の旅」(2015年1月10日放送)以来3年ぶりに実現。次回予告後、インターネットでは「マジか!中居くんの旅企画やるんだ!」「言葉が出ないぐらい嬉しい!」「見たら泣いちゃいそうだな」など、早くも放送を期待する声が集まった。

■さんまから「めちゃイケ」ねぎらわれ感激「初めてほめてもらえた」

ナインティナインの岡村隆史(47)が9日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に生出演。レギュラー出演するフジテレビの看板バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜後7・57)の春終了について言及し、明石家さんま(62)今田耕司(51)からねぎらいの言葉を送られたことを明かした。

「“残念です”などの電話やLINEをいろんな方からいただきました」と「めちゃイケ」終了の反響を語った岡村。今田からは「東京お笑い死闘編“前編”、お疲れ様でした」というメッセージを受け取り、「ここから後編に向けて50代、60代頑張ります」と返信したことを明かした。

 また、さんまにも電話で番組終了を報告したという岡村は「21年よう頑張った。大したもんや」とねぎらわれたことを告白。「ダメ出ししかされたことがなかったのに、初めてほめてもらえた。あのさんまさんが“ようやった。大したもんや”とほめてくれた」としみじみ語っていた。

■『めちゃイケ』来春終了を正式発表 岡村隆史は絶句「ビックリしてます…」

フジテレビの人気バラエティー番組『めちゃ×2イケてるッ!』(毎週土曜 後7:57)が、4日の放送回で来春に終了することを正式発表した。1996年10月に放送スタートし、ナインティナインを中心に数々の人気企画を生み出した長寿番組が、21年半の歴史に終止符を打つ。

番組終了の知らせは、中心メンバー・岡村隆史へのインタビューという形で発表された。歌手・三浦大知と共演した「オカムラオファーシリーズ」クランクアップ後のインタビューでスタッフから岡村へ「『めちゃイケ』、終わります」と報告した。

 その言葉を受け、岡村は思わず絶句。数秒の沈黙の後に「『めちゃイケ』…、リアルなやつですか?」と声を絞り出すと、スタッフが「はい」。「えぇ…マジに終わるということですよね?」と、すぐには受け止めきれない様子で「ビックリしてますけど…」と正直な胸の内を明かした。

 「まだ整理できていない」と話した岡村だが、その後すぐにスタッフと話し合い、来春までの半年間で“あるプロジェクト”を始動することを企画。来週の予告では、岡村が相方・矢部浩之らレギュラーメンバーへ、番組終了を直撃報告する様子がオンエアされた。

同番組では、岡村が持ち前の身体能力を活かして猛特訓を重ね、劇団四季の舞台『ライオン・キング』やSMAP、モーニング娘。、EXILEなどのコンサートに出演した“オカムラオファーシリーズ”や、加藤浩次夫妻の結婚、出産に密着したドキュメンタリー、濱口優のドッキリなど、同局の看板バラエティーとして名物企画を連発した。

 同日、主演映画の舞台あいさつに登壇したレギュラーメンバーの鈴木紗理奈は、「終わるとなれば寂しいです」と複雑な心境を吐露しつつ「私を有名にしてくれた番組。鈴木紗理奈というキャラを世に出してくれて、一番悔しい思いもしたし、一番泣いたし、一番厳しい番組。でも芸能界の信念を教えてくれて、すべてに紐付く私の歴史が詰まった番組です」と、感慨深げに語っていた

岡村隆史「怖い」ツイッター開設も1時間半で辞めた

ナインティナインの岡村隆史(46)が、15日深夜放送の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1時)の番組中、深夜1時半過ぎにツイッターを開設したが、番組が終了する段階で「怖いのでやめます。」とツイートし、わずか1時間半でツイッターを辞めると宣言した。

 この日、深夜1時半過ぎに「恋する惑星 岡村隆史」とツイートすると、約30分でフォロワーは1万人を超えた。さらにこの日のゲスト陣内智則とFUJIWARAの藤本敏史との3ショット写真をアップし「ラジオなう」、「2時に使っていいよ」とツイートし、今、はやりの「彼氏・彼女とデートなう」的な画像の使用をフォロワーに促した。また「フジモンと陣内がギャラ上げろって」ともツイートした。

開設直後は下ネタトークなども展開していたが、深夜2時10分に第1号のフォローとして小池百合子東京都知事(64)をフォローし、インターネット上でニュースになった段階で、岡村は「こんなに大ごとになるとは思わなかった」、「誹謗(ひぼう)中傷が…」などと焦りだした。

 小池知事をフォローしたことで、政界への関心や進出の意思があると思われることに対しても不安を覚えたようで「明日、大変なことになってない? フォローしただけやもん」と言い、その意思がないことも示唆した。

 番組終了10分前には「辞めとこうかな、つぶやくの。毎回、ニュースになるやん。思ってた感じとちゃうやん。こんなやから、問題が起きるねん。バーッと広がってたたかれる」と真剣に悩み始めた。そして陣内と藤本から説得されたものの「辞める。なうもやったし、ツイッターというのも体感できたから、心残りはない。帰って寝ましょうと言い、番組を終えた。番組終了後、アカウント自体が削除された。

■ナイナイ岡村が、新入社員の前で行ったスピーチに拍手喝采「必死の意味は?」

2017年5月27日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』で、ナインティナインの岡村隆史さんが一流企業の新入社員を前にスピーチをしました。

番組出演者たちが、いっぱしの大人として一流企業の新入社員に向けた「心に残るスピーチができるか試す」という企画。

岡村さんは「洋服の青山」でお馴染みの青山商事株式会社の新入社員研修会で、担当者の指名を受けてサプライズでスピーチをすることになりました。

青山商事の従業員数は1万1000人。近年では「焼肉きんぐ」など、飲食事業にも参入している文句なしの一流企業です。

紳士服からスタートし、いまでは飲食業も手掛けていることにも触れ、青山商事が企業としても成長していることを感じると、熱弁します。

さらに次のように続けました。

皆さん…まさか、あの洋服の青山さんが焼肉やると思ってましたか?

これは進化以外の何ものでもないですよ。

あの郷ひろみさんがこんなことをいってました。

「全然変わらないですね」(と伝えたところ)…「いや、僕は常に進化してます」と。

進化を止めてしまうと「本当にただただ年老いていくんだ」と。

やはりこの青山さんも常に進化してらっしゃる。

「すごい元気だな」と。「進化することがどれだけすごいことか」というふうに思います。

そして、最後に新入社員へこのような言葉を送っています。


これから「頑張らないと」というふうに思ってらっしゃるかも分かりませんけど…。

同じ頑張るのであれば、1つ『必死』で頑張ってみてはいかがでしょうか。

心にタスキをかけて、死に物狂いで必死に頑張る。

1 2 3 4 5 ... 21 22