1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

gun0taさん

話題の求人「火星に行きたい人(※帰ってこれません)」に応募が殺到!

オランダの非営利組織「火星1号」が2023年、選ばれた4人を火星に送りこむ計画を行っており、8月31日まで応募者を集めていると紹介。
火星行きは「片道切符」で、到着後は火星に永住することになるが、4月の計画発表からすでに現在までに世界各国から7万人を超える応募があったという。

中国メディア・新民網は10日、オランダの非営利組織が計画した火星片道旅行に対し、中国人から1万件以上の応募があったことを伝えた。
米国人に継ぐ応募者の多さだという。

同組織によると、応募者の内訳は米国1万7324件、中国1万241件、英国3581件。このほか、ロシア、メキシコ、ブラジル、カナダ、コロンビア、アルゼンチン、インドから多くの応募が寄せられたとのことだ。

何故そんなに応募があるのでしょうか・・・。

中国からの応募が多いのは、話題として比較的注目されたこともあるだろう。そのほかに、目立ちたがり屋な国民性も影響しているのだろうか。

近年の中国の宇宙開発が著しい点、そして中国の人口の急速な発展による新たな分野への巨大な潜在市場が存在している点、この大きな流れが今回の大きな注目に集まっているのだという。

地球磁気圏脱出時に、二次宇宙線として生じる中性子線を浴びる。 火星到達までに高エネルギー
陽子線を浴びる。 生きて、たどり着けないと予想w

片道切符の火星なんか行きたい奴ってやっぱいるんだな。人間は実に様々だと思い知らされる。
不自由な生活に長く生きられるかどうかも、命の保証もないのに何で行きたがるのか本当に理解不能。

画像引用元
blog.goo.ne.jp
www.data-max.co.jp
mamoretaiwan.blog100.fc2.com
ameblo.jp
www.cnn.co.jp
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Challenger_explosion.jpg

1