1. まとめトップ

その二の腕のぶつぶつ、毛孔性苔癬かも・・・・・

もうすぐ夏ですね。暑くなれば半袖やノースリーブ、水着など肌を露出する機会も増えますよね。でも、二の腕や太もものブツブツ、ザラザラに悩んでいる人は少なくないんです。

更新日: 2015年07月19日

kumira93さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
366 お気に入り 964162 view
お気に入り追加

多くの女の子が二の腕のブツブツに悩んでいる。

きれいな二の腕を目指すために、治療したいという女性は多く、皮膚科にこの症状で訪れる患者の半数以上は、やはり女性が占めているそうです。

私は小さい頃から、二の腕や脚、ふとももなどに小さなぶつぶつがたくさんあり、長い間そのことで悩んでいます。
人にうつるものではなく、また痒みや痛みもないのですが、ぶつぶつの色が赤っぽい色で、非常によく目立ち、特に夏になると肌を出したくてもぶつぶつが気になって仕方がありません。ネットで色々調べてみたところ、同じような症状で悩んでおられる方は割と多くいらっしゃるようです。

私も同じでした。
症状は軽かったと思いますが、夏になると腕は出したくありませんでした。
見た目が汚いのでストレスでした。

子供の時から二の腕の裏?背中側の方、全体にぶつぶつがあって気になっています。毛穴ひとつひとつに汚れが詰まっているのでしょうか?毛が埋まってもりあがっている感じです。肌が白いので、赤いぶつぶつなので(鮮明な赤ではなく黒ずんだ赤です)ものすごく気になり、ノースリーブを着ても人がきたら隠す癖がついてしまいました。

このブツブツって一体なんなの?

実はこの二の腕にできやすいぶつぶつには、「ぶつぶつ」以外にれっきとした名前がつけられています。


毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という名前です。

毛孔性苔癬とは、漢字からもなんとなく読み取れるように、毛穴が広がってそこに皮脂や角質が詰まって、皮膚がかぶさってかたくなってしまった状態なのです。

ほとんどの症例では特に痛みや痒みなどの自覚症状はない
特に治療を行わずとも健康上重大な問題はない

原因が「遺伝性のもの」ともいわれ、特定の治療方法がない

そんな馬鹿な('A`)

残念なことに、これといった治療の方向性が定まっていないようなのです。

医師に診せて毛孔性苔癬ということがわかっても、それを和らげるようなクリームを処方される程度で、あとは経過観察となることが多いようです。

見た目以外に健康上の問題なないため、
通院しても、「30歳を超えれば自然と治ります」と診断され、特に治療もないので現状です。

出典http://二の腕ぶつぶつ.com/

いくら加齢とともに良くなるといわれても、やっぱり若い時に腕を出したいですよね。。。。

効果がありそうな治療法

とりあえず、希望は捨てず試してみましょう。

①脱毛

ただひとつこれいいかも!と思ったのが『脱毛』です。
以前、エステで足の脱毛をしたら毛穴がふさがって(目立たなくなって?)ぶつぶつもなくなり、赤くムラになっていた部分が全然気にならなくなりました。
毛穴が詰まってできるぶつぶつだし、毛穴なくしちゃえばいいんだって発想です。

②ダイエット

学生時代、MAX68キロくらいあった体重が
就職を機に13キロほど減ったのと同時に、二の腕ぶつぶつがキレイになくなりました

③ピーリング

毛穴掃除の定番といえば、ピーリングです。
ピーリング美容液などで丁寧にふき取るなどケアをして、汚れを綺麗にすることは、二の腕のブツブツ解消に効きそうです。
またセルフケアに自信がなければ、美容外科ではケミカルピーリングを受けられたり、必要に応じて毛穴の脱毛も受けられますし、美容に関する相談もできてよいですね。

④ぬり薬、石鹸

ネットで調べたら無添加石鹸で治ったという方がいたので、ダメ元で使ってみたら治りました。
弟がひどくて、残念ながら治ったとは言えませんが、だいぶマシになったようで本人も喜んでました。

1 2





kumira93さん