1. まとめトップ

【完成まであと一歩】デザインクオリティを緻密に上げる8つの方法【デザインTips】

デザイナーのみなさま。日々ディレクターに、ブラッシュアップを求められ、困惑していることと思います。(そんなことない?)今回は、平凡なデザインを、簡単かつ効果的にブリリアントなデザインにする為の8つの方法をまとめてみました。

更新日: 2013年05月14日

DesignTipsさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
62 お気に入り 21814 view
お気に入り追加

はじめに

ご覧頂きありがとうございます。

この記事を読んでいただいているデザイナーの皆様
下記のような問題でお困りではないですか?

流行りの“フォトリアル”(写実的なデザイン)についていけない

なぜか垢抜けない印象のデザインになってしまう。

“高級感のあるデザイン“てなに?

ブラッシュアップの仕方がわからない

私個人は上記のような点に悩み、どうすれば高級感のあるデザイン、
クオリティの高いデザインが作れるのだろうと、日々模索していました。

鍵は、“上質なデザイン“の分析にある

そこで前職場のディレクターに、どうやってデザインを学んだのかを
きいてみたところ、次のような教えを受けたのです。

上質なデザインに沢山触れろ

それからは、Webサイトでも、雑誌でも、広告でも、
デザインに限らず、思わず“素敵だな“と目を止めてしまうようなものを
ブックマークや写真や心に留め、なぜそれが魅力的なのか?を問うことにしました。

そして、美しいデザインにはルールがある!ということに気づいたのです。
ここでは、皆様にそんなデザインルールをご紹介したいと思います。

1. 1pxの線にこだわる

1pxのシャドウやハイライトを入れることで、
デザインクオリティは著しく上昇します。

2. 余白の取り方(スペーシング)にこだわる

正しい余白の設定は、
パッと見たデザインの印象を
大きく変える要素になります。

このサイトで非常に丁寧に
説明してくださっています。

デザインの基礎力をワンランクアップしたい私(Webデザイナー)の注意書き
http://webdesignrecipes.com/web-design-beginner-learning-dtp-design/

3. 微細なグラデーションにこだわる

一般の人は気づかない程の微細なグラデーションは
派手ではないのにもかかわらず
非常に効果的に美しさを演出します。

実はこのNAVERまとめのナビゲーションバーにも、
うっすらとグラデーションがかかっていることに
お気づきでしょうか。

4. 質感(テクスチャ)にこだわる

上記のグラデーション同様、
質感は必ずしも派手に見せる必要はありません。

木目やメタル素材など、
パッと見てわかるテクスチャは沢山存在しますが、

できるだけペーパー(紙)テクスチャや
ファブリック(布)テクスチャなど、

ユーザの気を逸らさせずに
質感をあげられるテクスチャにこだわりましょう。

5. 照明(光のあて方)にこだわる

これは、バーテンダーやレストラン経営者、
写真家が最もこだわる分野かもしれません。

光と影を正確に描くことで
そのデザインに“空間”を感じさせることができます。

6. 内光彩(インナーシャドウ)にこだわる

フリーで配布されている素材を、ダウンロードしてみると、
どうも印象が違う、といった経験はありませんか?

注意深く眺めてみると、
素材のタイトル画像には高確率でインナーシャドウが
乗算で足されているのがわかります。
これが、素材をより魅力的に見せているのですね。

7. 実物をよく観察する

フォトリアルの作成には、
“書き込んでいく”過程が必要です。

例えばリボンであれば、
質感や形状だけでなく
折り返しや裏地、縫い目などを加えていくと
それらしさが出ます。

8. 遊び心を加えてみる

1 2





現役アプリUIデザイナーの私が、
備忘録として日々勉強した
Design Tipsを紹介していきます!
厳選した使えるチュートリアルのみ
お届けします。

このまとめに参加する