1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「党の年内消滅も」橋下市長が抱く参院選への危機感

橋下市長が参院選に向けて党の会合で危機感を語った。衆院選以降、支持率が低下している維新の会。夏の参院選は厳しい戦いが予想される。

更新日: 2013年05月11日

12 お気に入り 15995 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

秋山田さん

橋下市長が党の会合で危機感を語った

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は11日、大阪市内の党本部で開かれた大阪維新の会の会合

党の現状について「国民から支持を得る力はなくなっており、このままでは年内の消滅もあり得る」と述べ

支持率が低下している現状

橋下市長は原因をこう分析している

「組織が大きくなり、国会議員も入って全国各地で公認候補を出すとなった途端に、選挙で議席を得ることが主目的という『選挙屋』になっている」と分析

「選挙は手段であり目的は何か、そこを失っては有権者はさっと引いていく」と指摘した

大阪維新の地方議員には「一つ一つ政策を積み重ねてきたから日本維新があるが、今はその力が弱い。府議、大阪市議、堺市議が原点に立ち返ってほしい」と指摘した

夏の参院選は厳しい戦いが予想される

日本維新の会は、夏の参院選大阪選挙区に、新人で大阪府議の東徹氏(46)を擁立することを決めた

橋下氏は「政策を実行していく過程に参議院選挙がある。統治機構改革を実現して国の形を変えるという目標を見失わないように、一致団結して参議院選挙をしっかり戦っていきたい」と述べた

「大阪都構想だけでは、有権者の皆さんは支持してくれない。もう一度原点に戻って、政策実行の目標をしっかりと据えないといけない」とも語った

1