1. まとめトップ

宮沢りえの演技の肥やしになっている壮絶な人生遍歴 まとめ

心筋梗塞で入院した天海祐希の代役で評判の宮沢りえのすごい人生をまとめています。

更新日: 2016年06月25日

38 お気に入り 1314314 view
お気に入り追加

宮沢りえが天海祐希の代役として完璧な演技を披露

女優の宮沢りえ(40)が、軽度の心筋梗塞で入院した天海祐希(45)の代役を務める舞台「おのれナポレオン」(作・演出、三谷幸喜)が10日、東京・西池袋の東京芸術劇場で行われた。8日午後から稽古を開始するドタバタの中で挑んだりえは、休憩なし、2時間20分の長丁場をほぼ完璧に熱演。約900人の観客から、盛大なスタンディングオベーションがわき起こった。

“代演初日”となったこの日は、立ち見、補助席含め60席ほどの当日券を求め、ファンや報道関係者100人以上が殺到。約900人の観客は上演後、口々に「りえちゃん、すごかった」と称賛した。

演技の評判も良い

宮沢りえさんの洪水のように溢出れるメリハリの効いた台詞には
思わず息を呑んで観る者の心を奪っていく。
普段の透き通るような独特の美しい声はどこかに格納してしまったのだろう。
どすのきいた声と迫力のある演技に舞台女優・宮沢りえの凄さを見せつけられた。

18歳でヘアヌードを出版

撮影は篠山紀信。発売当時の宮沢は18歳であったが、撮影時点では17歳であったとも言われている[1][2][3]。宮沢が当時人気絶頂だったこともあって155万部のベストセラーとなり』[4]、これは日本における芸能人写真集の売上部数としては未だに破られていない。

大相撲 貴乃花との婚約、その後婚約破棄

そんな宮沢りえさんといえば、92年10月の貴花田(現・貴乃花親方)との婚約発表と、わずか3ヶ月後の破局会見を記憶している方も多いのではないでしょうか。

スター同士ですからふたりきりで会える状況がほとんどなく、周囲がギクシャクし始めました。「相撲協会主導で」という約束を、りえママは「聞いていない」と無視し、いろいろと無理難題を言い始めた。

母親同士の仲も良くなかった。結局、貴が大関昇進を決めた93年1月27日に、二人は別々に会見を開いて婚約解消を発表しました。一般の人でも両家の家族が合わないために破談になるケースがある。ましてあの二人は有名人同士ですから…。当人たちが強引に結婚したとしても、別れることになったかもしれません。

中村勘九郎との不倫、自殺未遂

1994年9月、自殺未遂騒動が起きます。京都で歌舞伎俳優・中村勘九郎(現・勘三郎)さんと会った後、彼が宿泊するホテルの別の一室で左手首から血を流し、ベッドに倒れていたのです。

 本人の言い分は、室内で転び、持っていたコップで切ったというものでした。しかし、勘九郎さんとは、プロ野球観戦をともにしたり、彼の依頼で歌舞伎公演(1993年「七月大歌舞伎」)に特別出演したり、あまりの親密さに男女の仲までうわさされていました。当然、交際のもつれによる自殺未遂という臆測が飛び交ったのです。

恋愛遍歴も多数

りえは勘三郎との破局後、市川右近や中田英寿、市川海老蔵、そしてジュエリーデザイナーの幹田卓司氏ら何人もの男性とウワサになった。しかし、いずれも母親の光子さんに反対されて別れたといわれている。

2009年に結婚、出産

先月、一般男性と入籍し妊娠中だった女優の宮沢りえが、第1子となる女児を20日に出産していたことを23日、FAXで報告。宮沢は「誕生の瞬間は、私にとって我が子からの最高のプレゼント」と喜びのコメントを発表した。

2012年に離婚

女優、宮沢りえ(39)が40代の元プロサーファーで実業家の夫と離婚することが7日、分かった。2009年4月の結婚以来、夫婦生活は3年でピリオドを打った。(サンケイスポーツ)
関係者によると、原因は互いに多忙なことによる生活リズムのズレという。

1





uneventfulnessさん

お手柔らかにお願い申し上げます。