1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

“主役食い” 怪優・香川照之の演技力がすげぇ映画5選

映画「ゴールデンスランバー」「ゆれる」「鍵泥棒のメソッド」「劒岳 点の記」、TVドラマ「半沢直樹」「龍馬伝」「99.9-刑事専門弁護士-」他、どの作品においても、強烈な存在感を放つ香川さんをメインに見ていて面白いと思った映画を選んでみました。

更新日: 2018年07月07日

1033 お気に入り 1582501 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tAkUさん

―脇で出演しても、圧倒的な演技力で主役を食らう。まさに「怪優」と呼ぶにふさわしい俳優、香川照之。

別名 = 九代目市川中車
出生地 = 東京都
血液型 = AB型
生年月日 = 1965年12月7日

父は歌舞伎役者の3代目市川猿之助、母は宝塚出身の女優浜木綿子。歌舞伎役者でもあり、名跡「市川中車」の当代、九代目 市川 中車(くだいめ いちかわ ちゅうしゃ)を名乗る。屋号は澤瀉屋。定紋は大割牡丹、替紋は片羽車。

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E7%85%A7%E4%B9%8B

東京大学文学部卒業。89年、大河ドラマ「春日局」で俳優デビュー

2010年3月、『劒岳 点の記』で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。俳優としては、カンヌ国際映画祭へ3度(出演作品は2度の受賞)、ベルリン国際映画祭にも招聘(出演作品受賞)されている。

出典ウィキペディア

香川を「カメレオン俳優」と呼ぶ人もいるが、その言葉には違和感がある。演技の引き出しは間違いなく多いのだが、どんな役を演じても「THE 香川照之」という確固たる存在や主張を感じるからだ。だからこそ、"熱演"ではなく"怪演"と称される圧倒的なパフォーマンスが多いのではないか。

2000年代の後半ごろから香川の怪演を引き出すべく、強烈な悪役のオファーが増えている。そうした悪役ラッシュの中でめぐってきたのが、『半沢直樹』の大和田常務。

最終回の土下座は、「凄すぎる」と「ほとんどコント」が紙一重の超濃厚演技だったが、裏を返せば「香川以外の人が演じたらコントにしか見えない」という難役だった。

ロンドン五輪のボクシング金メダリスト・村田諒太が、プロデビュー戦で2R・TKO勝ちを収めた試合のテレビ中継のゲスト解説に登場するなど、上芸能界随一のボクシングオタクの顔も持つ。

学生時代に『刑事コロンボ』のノベライズ版を全て読破するほどのコロンボファン。『刑事コロンボ』の最後のエピソード である「殺意のナイトクラブ」の犯人役俳優、マシュー・リスの吹き替えを手がけている。

「完全に主役食ってんじゃねーか!」と思ってしまう程の香川さん出演のオススメ映画5本をピックアップ!

監督, 脚本, 原案, 西川美和. 製作, 川城和実 重延浩 八木ケ谷昭次. 出演者, オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、ピエール瀧、木村祐一

『蛇イチゴ』の西川美和監督が兄弟を主人公に、家族のきずなや絶望からの再生を描くシリアスドラマ。

出典http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id324256/

旧知の女性が転落死したことをきっかけに、法廷で裁判にかけられる兄と弟の姿を見つめる。オダギリジョーが“自由人”の弟を熱演。その兄役に香川照之。実際撮影中に意気投合したという2人の息の合った演技が素晴らしい。人間のどろどろとした感情やエゴとそこからの救いを描く。

出典http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tydt/id324256/

故郷を離れて、東京で写真家として成功した早川猛(オダギリ ジョー)は、母の一周忌で久しぶりに実家へと帰ってくる。母の葬儀に立ち会わなかったため、父親の勇(伊武雅刀)とは折り合いが悪くなっており、親戚との会食のときも言い争いとなってしまう。

温厚な兄の早川稔(香川照之)は、父と二人でガソリンスタンドを経営しており、滅多に顔を見せない弟のことを気遣っている。

香川照之演じる稔は、町でも仕事仲間にも親切で善良な人と思われている。でも、家を出ることが出来なかった自分の弱さや、親や実家を任せきりで町を飛び出して行った弟の行動力が妬ましく、不満が身体中の毛穴から滲み出そうな男。

出典『ゆれる』|葛城の迷宮

内田けんじ監督の日本映画。2012年9月15日公開。出演者 堺雅人 香川照之 広末涼子

「運命じゃない人」「アフタースクール」の内田けんじ監督が、人生が入れ替わってしまった売れない役者と凄腕の殺し屋が巻き込まれる騒動を、堺雅人主演で描く喜劇。

ちなみに香川さんと堺さんは、映画「ゴールデンスランバー」「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」やドラマ「半沢直樹」「南極大陸」など多くの作品で共演しています。

2013年、第86回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画脚本賞、芸術選奨文部科学大臣賞、第36回日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞

35歳でオンボロアパート暮らしの売れない役者・桜井は、銭湯で出会った羽振りのよい男・コンドウ(山崎信一郎)が転倒して記憶を失ってしまったことから、出来心で自分とコンドウの荷物をすり替え、そのままコンドウになりすます。

しかし、コンドウの正体は伝説の殺し屋で、桜井は恐ろしい殺しの依頼を引き受けなくてはならなくなる。

一方、自分が売れない貧乏役者だと思い込んでいるコンドウは、役者として成功するため真面目に働き始め、徐々に事態は好転していくが……。

『キサラギ』は、2007年の日本映画。自殺したマイナーアイドル・如月ミキの一周忌にファンサイトを通じて集まった5人の男を描いた作品。監督は佐藤祐市。

『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太の巧みな脚本を、『シムソンズ』の佐藤祐市監督が、コミカルかつスリリングに演出。

小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之という人気、実力を兼ね備えた5人が繰り広げるハイテンションな会話劇。

【STORY】
売れないグラビアアイドル如月ミキが自殺して1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)ら5人は、思い出話で大いに盛り上がるはずだったが、「彼女は殺された」という言葉を引き金に、事態は思わぬ展開を見せ始める……。

香川が演じるのは、女性らしい掲示板での言動とハンドルネーム「いちご娘」のイメージからは裏腹の、実際は無職の中年男性。如月ミキへの個人的愛情から、事件当時は毎夜彼女の家の前から彼女の部屋を覗き見ていた。

如月ミキが自殺した数日前には、たまたま空いていた窓から彼女の部屋に侵入し、衣類とシーツ類を畳んだ後に彼女の愛用品であったカチューシャを盗んだ。

悪質なストーカー犯かと思いきや、その実体は如月ミキが4歳の時に生き別れた彼女の実の父親。

監督・小林政宏。出演・香川照之 田辺誠一 大塚寧々ほか

日本人監督として初の3年連続カンヌ国際映画祭出品という快挙を成し遂げた小林政広監督作品。

不可思議な運命に巻き込まれた1人の刑事を濃密に描いている。全編に渡って敢行された苫小牧ロケにて映し出される風景は、町の持つ独特の寂寥感(せきりょうかん)が主人公の心理と見事にシンクロする。

1 2





このまとめへのコメント1

  • COCO777さん|2013.12.09

    對啊...!明明是演男配角,但最後整部戲讓人印象最深刻的也總是他~!! ❤

1