1. まとめトップ

いつも使ってる「シャンプー大丈夫?」比較したら...!!

自分に合うシャンプーを見つけ、ご自分で評価するのは大変なことなので、本当にいいのはどれか探ってみます?

更新日: 2014年04月07日

happyjokerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1006 お気に入り 3961672 view
お気に入り追加

シャンプーの種類が多すぎて何を選べばいいかわからない

※一般社団法人日本シャンプー分析協会(評価はあくまでも参考程度に宜しくお願いいたします。)

シャンプーに期待していることを把握しましょう

シャンプーに期待するポイント

フケやカユミを改善したい

薄毛を予防したり育毛効果のあるものを選びたい

髪にハリコシを出したい

髪のダメージを改善したい

敏感肌なので頭皮に刺激が少ないものを選びたい

頭皮の乾燥を防ぎたい

好みの香りで癒されたい

とにかく安いものを選びたい

シャンプー比較26選

・アンファー 薬用スカルプD スカルプシャンプーオイリー

・メリットシャンプー

・スリーボム 薬用ストロング ウォッシュシャンプー

・コラージュフルフルネクスト シャンプー

・ミレアムヘアケアシャンプー

・TSUBAKI "シャンプー

・コラージュフルフルネクスト シャンプー

・いち髪 なめらかスムースケア シャンプー

・キュレルシャンプー

・ヴェフラ-モイストクレンジングシャンプー

・UL・OS(ウルオス)薬用スカルプシャンプー

・アズマ商事の馬油シャンプー

・レヴール(Reveur)モイスト&グロスシャンプー

・凛恋 シャンプー ローズ&ツバキ

・ラックス(スーパーリッチシャイン)

・ラヴィスイ ミネラルSPA アクアシャイン シャンプー

・ホーネスト シルキーVシャンプー

・ファンケルアミノシャンプー

・フィヨーレ ファシナートシャンプー AB

・ナプラ(NAPLA)/ ナプラ ケアテクト HB カラーシャンプーV

・ディウ・シェリエ 天然シャンプー

・ちふれアミノシャンプー

・ダヴ(浸透モイスチャー)

・サロンスタイル(リッチモイスチュア)

・ココイルエクストラモイストシャンプー

・アニーアニーホリスティックシャンプー

シャンプー人気比較

総合評価:3.75 ★★★★☆
8代目スカルプDは、界面活性剤に改良が加えられている。
通常、アミノ酸系界面活性剤は洗浄力が強くないのが一般的だが、オイリー頭皮向けの商品と言うこともあり、洗浄力の強化をテーマとしている。

シャンプーの質を鑑みるとコストパフォーマンスは悪くないのだが、絶対的な料金が少し高いため、どうしてもコストパフォーマンスが非常に良いとは言い難い。

頭皮への影響:4.5

アミノ酸系の界面活性剤であるが、非常に多種類の界面活性剤が表示されている。商品説明を見るとオリジナルで開発したアミノ酸系界面活性剤とあるので、この界面活性剤の配合にスカルプDの全てが凝縮されているのであろう。

髪への影響:3

シリコン無配合と思われる。グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体(コポリマー)が毛髪コーティング剤として含まれている。
安全性:4

アミノ酸系界面活性剤で頭皮には比較的優しい。商品説明に、パラベン、フェノキシエタノールを使用していないとあるが、実際どの防腐剤を使用しているか不明である。(医薬部外品は全成分表示義務はない。)
コストパフォーマンス:3.5

10ml単価103円と高額である。しかし、非常に質の高いシャンプーであり、育毛や頭皮のトラブル改善と言う目的を持っている方であれば、使う価値はある。

最後の砦

【総評】
発毛が実感できるシャンプーはこれだけでしょう。
1カ月で生え際に新毛がでてくるのを確認。
シャンプー、ブラシ、育毛剤、いろいろ試しましたが
これだけ変化が起きたのはスカルプDだけ。

初めて使ったときは髪がキシキシして違和感がありますが、
それだけ余分な油を落としているのだと思います。
使い続けるとキシキシ感もなくなって、ハリ、コシ感に
変わっていきます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

総合評価:2.00★★☆☆☆

花王のメリットは、地肌を洗うことをコンセプトにした医薬部外品シャンプーである。非常に安価で求めやすいが、刺激が比較的強めの界面活性剤が使用されている。

頭皮への影響:2.0

メインの界面活性剤はポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液と推測され、これは刺激の強い界面活性剤である。これ以外の、界面活性剤も、石油由来もあり刺激が強めである。海藻エキスや植物エキスの配合は、若干プラス評価した。

髪への影響:2.0

シリコンが配合されている。それ以外は特に髪に良い成分が含まれているとは言えない。
安全性:1.5

界面活性剤は全体的には刺激の強いものが多く、厳しい評価となった。着色料もマイナス要因である。
コストパフォーマンス:2.5

非常に安価なシャンプーで、10ml当りの単価13円である。コストパフォーマンスというより、安価な事が理由で、この評価となった。

メリット シャンプーの解析結果

有効成分グリチルリチン酸2Kはミレアムでもおなじみの抗炎症剤。

ベースはラウレス硫酸アンモニウムで、相変わらず高脱脂力、次にエタノールで、余分に皮脂を除去してしまう懸念がある。
相変わらずダメな領域を出ない、消費者にメリットの少ないシャンプーです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

総合評価:3.75★★★★☆

スカルプDと似通っているが、販売元も異なり別のシャンプーである。スカルプDよりも若干コストパフォーマンスは良い。この脂性用は一部石油系の界面活性剤があり、洗浄力が少し強めである。

頭皮への影響:4

比較的マイルドな界面活性剤の種類が多い中、脂性用と言うこともあり、洗浄力の強い石油系のものも見受けられる。この石油系の濃度がどの程度なのかが気がかりである。植物エキスが多く含まれている点はプラスである。

髪への影響:3.5

シリコン無配合と思われる。D-パントテニルアルコールで髪につやを与える効果が期待できる。
安全性:3.5

若干洗浄力が強いため、洗いすぎによる油分不足が懸念点である。
コストパフォーマンス:4

医薬部外品シャンプーで、洗浄剤や植物エキスなどのこだわりがあり、10ml当り77.8円はコストパフォーマンスが高いと言える。

スカルプ系は両極端な気がして、迷走してましたが、

(スッキリ系→頭皮はスッキリするが、髪の毛はキシキシしちゃう
 しっとり系→地肌がねっとりして、不快・・・)
こちらは、頭皮スッキリ髪の毛しっとりのちょうど良いポジションで
お気に入りです。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

総合評価:3.25★★★☆☆

持田製薬ヘルスケアのコラージュフルフルネクスト シャンプー(すっきりサラサラタイプ)は、フケ・カユミに効果のあるミコナゾール硝酸塩が配合された医薬部外品のシャンプーである。

頭皮への影響:4.0

3種類の界面活性剤が使用されているが、どれも比較的低刺激で、良質なものである。有効成分のミコナゾール硝酸塩は、フケのもとになるカビの繁殖を抑える効果がある。

髪への影響:2.0

シリコン無配合と思われる。頭皮のフケ・カユミ用シャンプーであり、特に髪に良い成分が含まれているとは言えない。
安全性:3.5

界面活性剤は比較的低刺激である。防腐剤については、どの防腐剤を使用しているか不明である。(医薬部外品は全成分表示義務はない。)
コストパフォーマンス:3.5

10ml当り80円の単価であるが、フケ・カユミに効果のある医薬部外品シャンプーであり、コストパフォーマンスは悪くはない。

泡立ちよく洗い上がりもさっぱりで気に入りました。

リンスも一緒に購入し使っています。
購入から到着まで早く満足です。
まだ、一度しか使っていないので効果はわかりませんが、臭いが、少し落ち着いたような気がします。今後も効果が楽しみです(*´∇`*)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

総合評価:4.0★★★★☆

この商品は少ない成分数で構成されたシャンプーである。余分な成分が少ないから安心とも捉えることもできるし、逆に天然成分が少なく物足りないとも感じる。

頭皮への影響:4.0

メインの界面活性剤であるコカミドプロピルベタインは、ヤシ油から抽出して精製している成分で、刺激性が少なく保湿力もある。それ以外の界面活性剤も石油由来のものでなく、頭皮への刺激は少ない。加水分解コラーゲンやモモ葉エキスが頭皮を保湿・保護する作用がある。

髪への影響:4.0

シリコン無配合。加水分解コラーゲンが髪にハリコシを与え、ポリクオタニウムー10で髪にしっとり感を与えている。
安全性:4.0

界面活性剤は低刺激だが、香料が入っているのが残念。
コストパフォーマンス:4.0

コストパフォーマンスは高い方である。成分が比較的少ないので原料コストを抑えていると考えられる。

優しいシャンプー

匂いはサロン使用のような落ち着く香りです。どこにでも売ってるようなシャンプーのキツイ香りはありません。
どのシャンプーにも言えることですが、泡立ちは髪が汚れているとき、皮脂が多いかなという時は若干悪いです。
すっきり洗い流せるのも特徴です。優しさゆえ頑固な皮脂を一度でさっぱり洗い流すのは難しいと思うので、週1位のペースでクレンジングシャンプーを併用してもいいかもしれません。
安心な成分のようなので我が家では子供にも使っています。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

総合評価:1.75★★☆☆☆

資生堂の高ブランドシャンプーであるが、大量生産を前提とした感じは否めない。このツバキ3種類の中で最も特徴が少ないシャンプーである。

頭皮への影響:1.5

メインで使用されている界面活性剤はラウレス硫酸アンモニウムである。これは石油由来のものであり、脱脂力が比較的強い。次に来る界面活性剤は比較的マイルドなものである。

髪への影響:2

シリコン配合。ツバキ油で髪をコーティング。それ以外は特に髪に良い成分は見当たらない。

安全性:1.5

メインの界面活性剤が石油由来と言うこともあり、厳しい評価となった。またシャンプーに着色料が2種類含まれており、安全面においてマイナス査定とした。
コストパフォーマンス:2

市販シャンプーのラウレス硫酸Naベースのシャンプーとしては、割高感を否めない。

1 2 3 4





ジャニーズから政治経済まで興味を持ったことについて詳しくまとめていきますので、宜しくお願いいたします。