1. まとめトップ

日本の自動車税は高すぎ!?世界各国の自動車税と比較してみた!

車検と自動車税が一緒にやってきた時の絶望感ときたら…もう…言葉にできない。

更新日: 2017年12月29日

8 お気に入り 123823 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

toolloveさん

5月に突如やってくる恐怖の”自動車税”

自動車税は「車検税」ではなく、車検を受ける受けないに関わらず納税義務が生じる。車検を受ける際に納付する義務が生じるのは国税の「自動車重量税」である。また「道路運行税」でもないので、たとえ駐車場に置いたまま走行していない状態であっても納税義務を逃れる事は出来ない。

車の排気量によって金額が決定する!

軽自動車だけは特別!気になる軽自動車の自動車税は!?

軽自動車が選ばれる理由として、購入時、そして買った後の維持費が安上がりになることが挙げられる。いくつか例を挙げれば、自動車取得税は登録車が取得価格の5%なのに対し軽自動車は3%で良い。1300cc車の自動車税は年間3万4500円だが、軽自動車税の年額は7200円だ。自動車重量税も1tを超える1300cc車だと購入時に4万5000円を納税するが、軽自動車は1万1400円ですむ。

一般的な普通車であれば”4万円近い”金額を支払わなくてはならない我が国の自動車税。では、海外の自動車税事情は一体どうなってるのか!?かなり気になったので調べてみた!

アメリカの自動車税事情は!?

アメリカの法制度には日本の自動車税に相当する、排気量に直接かかる税金が存在しない。そのため、必然的にモアパワーの要求=より大きな排気量という図式となり、1955年前後〜1970年代までのフルサイズ全盛期には排気量は最大で8000cc以上にまで達した。

排気量に直接かかる税金は存在しないものの、毎年払わなければならない”ナンバープレート代”とは!?

アメリカで自動車を購入して約1年が経つのですが、先日、毎年支払わなければいけない自動車税、正確にはナンバープレート代の請求が郵送されてきました。私の場合、ウィスコンシン州に住んでいるので、州のDOT(日本の運輸局に当たる)から45ドル(約5600円)の請求がありました。日本から比べると随分と安いと思いませんか?

イギリスの自動車税事情は!?

日本とあまり変わらない!?

我が家の車は10年ものの1800ccの乗用車。年間180ポンド(約3万6千円)払わなくてはならなかった。半年払いの場合は100ポンドほど(約2万円)。日本で同じような車に乗っていたときも、年間4万円ほどだったから、概して日本と税額はそれほど変わらないのかも。

イギリスの車検は”4年目”から毎年必要!

ドイツの自動車税事情は!?

CO2排出量が少ないほど税額が安くなり、走行1kmあたりの排出量が100g未満の自動車は自動車税が免除になる。

ドイツ独特の”ヒストリック登録”とは!?

もし貴方のクルマが30年以上古くて、オリジナルの状態を保っていることが車検で証明されれば、そのクルマは工業製品文化遺産ということになり、ナンバー末尾にH、すなわちヒストリック・ナンバーが発行される。そうするとその車両に関わる自動車税は一律およそ1万8千円で済む

中国の自動車税事情は!?

■排気量ごとに7等級に細分化して税を徴収
1000cc以下を60-360元
1001cc以上1600cc未満を300-540元
1601cc以上2000cc未満を360-660元
2001cc以上2500cc未満を660-1200元
2501cc以上3000cc未満を1200-2400元とし
3000cc以上には高税額を設定した。

1元は約16.5円(2013年5月現在)

国産車を超優遇!【↓画像は中国車ブランドBYD】

1 2