1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

ソーシャル疲れしない!ゆるーくつながれるSNS3選

孤独を感じたり自分のプライベートを発信するのに疲れを感じることもあるSNSではなく、ゆるいつながりをもてるSNSをまとめてみました。

更新日: 2013年05月13日

801 お気に入り 115265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hy02さん

気軽に気分を投稿できるアプリ『KIBUN』

ちょっとした自慢、ちょっとしたムカつき、ちょっとした悲しみ、ちょっとしたイライラ。そんな気持ちをシール感覚でぺたぺたっと気軽に発信できるアプリ

気分にあうものを定型文から投稿するだけ!

日常生活のちょっとしたムカつきやイライラ・悲しみといった感情を、「定型文」から選んで発信していく

友達やグループは作らない

既存のSNSとは異なり、特殊なつながりは作らず、投稿した内容はユーザー全員のタイムラインに表示されます!
言いたいことを言いたいときに情報発信⇒しかも「誰か」が聞いてくれる!見てくれる!反応してくれる!
もちろん、全て定型文のやりとりで!

気になる人とやりとりも!

定型文の範囲内ですが...

誰にも気を遣わず自由に発言できるアプリ『Arrow』

「あなたの匿名の発言に必ず誰かが返信してくれる」というアプリ。従来のSNSと違うところは、このサービスは完全匿名性で、どんな内容でも、つぶやけば必ず返信がくるというところ。

「Arrow」→誰かに向かってつぶやける。200文字まで。
「Re・Arrow」→つぶやきが届く。世界中の誰かからね。
「Archive」→投稿したつぶやき一覧が閲覧できる。
「Direct Arrow」→送受信したダイレクトメッセージの表示。
「Profile」→自己紹介文、プロフィールなど確認・変更。

つぶやきを投稿すると、登録ユーザーの中からランダムで選ばれた誰かに送られる。自分が返信をしたくない場合は、他のユーザーに返事を“たらい回し”することができ、誰かが返事をしてくれる。

テキストに特化している『Nisshi』

Nisshiとは、日々の出来事や体験、教訓や学びなどを書き留めて、知り合いとシェアできる、あなただけの日誌が作れるテキスト専用のSNS

SNSの流れとは逆に「いいね!」ボタンやコメント欄を削除、写真のアップロードもなし、テキストに特化してひたすらシンプルに文章で語ることを目的としている

スマホでの画面はこんな感じ

ユーザーを検索する機能がないため、外部のSNSに晒すかフォロワーを経由する以外に第三者が自分の日誌にアクセスする方法はなく、気心の知れた内輪な関係の中で日誌を共有することが可能。

1